De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ助っ人外国人選手 > 王溢正

このエントリーをはてなブックマークに追加
7ce1b56d

1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)23:56:07
台湾野球が抱える数々の課題 「打高投低」で挑みWBC3連敗

先発型投手の育成が急務


 今大会で先発を務めたのは第1戦が郭俊麟(カク・シュンリン)、第2戦が宋家豪(ソン・チャーホウ)、第3戦が陳冠宇(チェン・グァンユウ)で、いずれもNPB所属選手。各試合の2番手で登板したのも陳冠宇、江少慶(ジャン・シャオチン)、郭俊麟と、いずれも「海外組」だった。

 中継ぎ陣も30代のベテラン投手が目立った。CPBLでは、各球団ともに先発陣は外国人投手が軸となっており、昨シーズン規定投球回数に達した台湾人投手は鄭凱文(ジェン・カイウン)、王溢正(ワン・イイゼン)の2人のみ。

 彼らも元「海外組」であり、他の台湾人先発投手の台頭が期待される。一部球団では、2軍に外国人コーチを起用するなど、育成に力を入れ始めているが、こうした取り組みをさらに強化し、若い台湾人投手、特に先発型投手を育ててほしい。

引用元
https://baseball.yahoo.co.jp/wbc/column/detail/201703130008-spnavi?p=2
 台湾人で去年規定投球回数に到達したのはこの2人だけ

 
 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)17:16:06
 28日に侍ジャパンと壮行試合を戦うCPBL選抜チャイニーズ・タイペイ。その初戦のスターティング・ラインナップがCPBLの公式Twitterにて発表された。

 1番には、元ソフトバンクの陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)がライトでスタメン。巨人に移籍した陽岱鋼の実兄としても知られる34歳は、NPB所属時は投手であったものの、肩の故障もあって台湾に帰国した後は外野手としてプレー。昨季はリードオフマンとして89試合に出場し、打率.281、17本塁打で19盗塁という成績を残した。

 また、先発は王溢正(ワン・イーゼン)。2010年から13年までの3年間を横浜(DeNA)で過ごした左腕が務める。日本では6試合の登板に留まったが、台湾・Lamigoでは先発ローテーションの一角に定着。昨年の開幕前に行われた侍ジャパンの強化試合では、チャイニーズ・タイペイの先発投手として日本凱旋を果たしている。

 試合は28日(火)、福岡ヤフオク!ドームで19時にプレイボール。侍ジャパンの詳細なスタメンは明かされていないが、小久保裕紀監督は則本昂大の先発起用をすでに明言している。

【CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ】
1.(右)陽耀勳
2.(三)林智平
3.(中)王柏融
4.(指)彭政閔
5.(捕)林泓育
6.(左)潘武雄
7.(一)陳俊秀
8.(ニ)林威廷
9.(遊)林承飛
先発:王溢正

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00104973-baseballk-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
9e17d9d8

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/25(水)10:51:27
発表された台湾代表メンバーは以下の通り。

◯投手
林晨樺、蔡明晉、倪福徳、黄勝雄、潘威倫、陳韻文、王鏡銘、陳冠宇(ロッテ)、郭俊麟(西武)、宋家豪(楽天)、陳鴻文、江少慶、羅國華

◯捕手
鄭達鴻、林クン笙(クンは王へんに昆)

◯内野手
蒋智賢、林智勝、許基宏、林益全、林志祥、陳ユン基(ユンは金へんに庸)、王勝偉

◯外野手
陽岱鋼(巨人)、張正偉、胡金龍、林哲シュエン(シュエンは王へんに宣)、高國輝、張志豪

https://full-count.jp/2017/01/24/post55822/
 (*^◯^*)「ワンイーゼン選ばれてないんだ・・・





9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/25(水)11:33:26
(*^◯^*)横浜にもあんな選手がいたんだ… 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 23:08:12.58 


no title
no title




続きを読む









このページのトップヘ