De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 筒香嘉智

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

1: 風吹けば名無し 2018/12/01(土) 05:26:56.82 ID:U2K4hHBB0


 DeNA・筒香嘉智外野手(27)が30日、横浜市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5000万円増の年俸4億円でサインした。高卒野手の10年目での4億円到達はオリックス・イチロー(7年目)、巨人・松井秀喜(9年目)に続く史上3位タイのスピード。

 DeNA・筒香が来季年俸を4億円で更改した。高卒野手で入団10年目までに4億円以上に到達したのは、オリックス・イチローの7年目(1997年2億6000万円→98年4億3000万円)、巨人・松井秀喜の9年目(2000年3億5000万円→01年5億円)に次ぐ、ダイエー・城島健司(03年2億円→04年4億円)と並ぶ3番目のスピード。高卒野手に限らず、年俸4億円の最速到達は、ソフトバンク・摂津正の6年目(13年2億9000万円→14年4億円)。入団10年目の最高年俸は02年の巨人・松井の6億1000万円。

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20181201/den18120105050001-n3.html

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

1: 風吹けば名無し 2018/11/30(金)16:27:20 ID:lDA
メジャー挑戦ばかり言われてるけど



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA筒香「夢」来オフ以降のメジャー挑戦求める

1: 風吹けば名無し 2018/11/30(金) 12:10:14.39 ID:yb0siKxh0



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/11/29(木) 05:37:18.97 ID:IdOjB8wF0


DeNA・筒香が断食!ハマの主砲進化へ豪華料理の誘惑に勝利


 DeNA・筒香嘉智外野手(27)が28日、1週間の断食を敢行中であることを明かした。この日は静岡・伊豆の国市の伊豆長岡温泉京急ホテルで球団の選手会納会が行われたが、断食中の筒香は酵素ドリンクしか摂取しないため、会食の席では豪華な食事を横目に、水を飲むだけに終始した。

 夕食には、真鯛かぶと煮付けや伊勢エビ、国産牛のすきやき鍋など豪華な特別メニューが用意されていたが、筒香は目で楽しむだけ。宴会前に「水だけにします」と宣言し、本来は好きなお酒も封印した。報道陣には宴席の冒頭のみの公開だったが、水で乾杯し、料理は周囲の選手に食べてもらったようだ。

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20181129/den18112905040001-n1.html

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 22:30:36.82 ID:CAP_USER9
 2016年にセ・リーグ本塁打王に輝き、「日本の4番打者」との呼び声も高い横浜DeNA筒香嘉智外野手(27)。筒香が、ジャーナリスト鷲田康氏の取材に応じ、日本野球への提言を語った。筒香が日本の野球界における大きな問題として指摘するのが「勝利至上主義」による弊害だ。

 少年野球では予選を勝ち抜き、大きな大会に出場して優勝することでチームの名声は高まり、選手も集まる。そのために指導者や保護者など大人たちが、勝つことに一生懸命になり過ぎ、そこにしか価値が見出せなくなってしまう。そこで生まれるのが「勝利至上主義」というのだ。

「子供たちにとって楽しいはずの野球が、そうではなくなってしまっているのが、すごく気がかりです。子供たちが大人の顔色を見てプレーするようになってしまっています。しかも指導者は勝つための技術や動きばかりを求め、いまだに指導者が選手に手を上げるような場面もあるとも聞きます。それが高校野球も含めた、いまの日本の野球界の現実ではないでしょうか」

 野球をプレーする少年達が年々減っていることについても危機感を抱いているという。

「野球人口の減少が話題になって随分経ちますが、果たしてその原因は少子化だけなのか。もっと根本的な問題があり、日本の野球界はこのままではまずいなと感じていました。

 そういう状況の中で、自分にできることが何かないかと考えて2年前から、中学時代にお世話になった少年野球チーム『堺ビッグボーイズ』の小学部『チーム・アグレシーボ』のスーパーバイザーになりました。その活動を通じて、改めて少年野球が抱える様々な現実を見聞きし、子供たちの将来のために、今の指導の問題点や、どういう方向に進んでいったらいいのかを考えるようになりました」

 11月29日(木)発売「週刊文春」では、筒香が日本野球の古い体質に気付いた海外体験や、ユニセフや少年野球チームなどにおける活動についても語っている。また11月30日には、筒香による初めての著書「 空に向かってかっ飛ばせ! 未来のアスリートたちへ 」(文藝春秋)が発売される。筒香の提言は野球ファンの注目を集めそうだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181128-00009834-bunshun-spo

続きを読む