De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 山口俊

このエントリーをはてなブックマークに追加
mlb20021809240006-p1

1: 風吹けば名無し 2020/05/13(水) 03:53:38.41 ID:KrBCmdn80
ほんま勿体ないわ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/02/25(火) 17:09:00.85 ID:Kaq/6dFf0


 ブルージェイズの山口俊投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのブレーブスとのオープン戦でメジャー初登板。先発するも2/3イニングで3安打3失点1四球のホロ苦スタートとなった。地元スポーツ局「スポーツネット・カナダ」は、チャーリー・モントーヨ監督の今後への期待のコメントを伝えた上で、順応の厳しさを報じている。

 山口は昨季巨人で15勝(4敗)をマークして最多勝を獲得。最多奪三振(188奪三振)、最高勝率(.789)とリーグ3冠の活躍だった。しかし、同局はこの日の投球を酷評。「ヤマグチは月曜日のブルージェイズデビューで、日本最高の投手の1人のようには見えなかった」と断じた。

 この日の山口は変化球がうまく変化せず、直球の制球も定まらなかった。記事によると、モントーヨ監督はこれを認めた上で「適応しているんだ。良くなるよ」と今後への期待を口にしている。しかし、一方で記事は「メジャーは開幕までの準備期間が短く、適応にさほど多くの時間をかけることはできない」とも指摘している。

 この状態のままでは先発ローテーション入りは厳しくなってくるが、山口は横浜(現DeNA)時代に救援の経験もあり、ブルペンでの役割も受け入れると以前に語っていたという。しかし先発を望むのであれば、「直球の制球、カーブを磨き、アウトを取らなければならない。月曜日に彼はそのどれもできていなかった」と厳しい現実を突きつけた。 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
ClOtGtjUsAETx4v


1: 風吹けば名無し 20/01/16(木)07:55:27 ID:PRN


爆笑を誘ったのは会見の後半。父が元幕内力士だったことが話題に。

父と同じ力士の道に進まなかった理由に「失礼かもしれないですけど、お尻を出すのが恥ずかしくなってしまって、野球のほうが格好いいなと野球の道に進みました」と語ると、メディアは爆笑の渦に包まれていた。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/01/09(木) 10:19:37.26 ID:RETvDmU9a


 巨人からポスティングでブルージェイズに移籍が決まった山口俊投手(32)の背番号が「1」に決まった。ブ軍ホームページに掲載された。日本人投手のメジャーリーガーで初の1ケタ番号を背負うことになった。 

  山口は入団1年目だった2006年から横浜(現DeNA)では背番号「11」を着用。FAで巨人に移籍した17年から「42」となり、19年は再び「11」をつけていた。ブルージェイズでは愛着ある「11」を、昨季メジャーデビューして46試合で11本塁打を放った内野手の有望株・ビシェットが使用中。日本の高校野球などではエースナンバーとして使用されることも多い「1」となった。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2020/01/05(日) 03:08:51.60 ID:DJE1Lznh0


 巨人からポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた山口俊投手は、ブルージェイズと2年総額635万ドル(約6億8600万円)、出来高140万ドル(約1億5130万円)で契約した。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」は、ブルージェイズの投手コーチで2004年に横浜でプレーしたピート・ウォーカー氏が山口を絶賛していると伝えている。

 記事は「スカウトの間ではそこまではっきり称賛されているわけではないが、ヤマグチは日本で素晴らしい投手である」と紹介。「(先発か救援か)明確な役割がはっきりしないままブルージェイズにやって来るわけだが、ウォーカー(投手コーチ)は彼の投手としての“柔軟性”を理解しているのかもしれない」と指摘している。

 ブルージェイズのピート・ウォーカー投手コーチは2004年に横浜(現DeNA)でプレー。10試合に登板、2勝4敗、防御率6.80の成績を残した。柳ヶ浦高校から2005年高校生ドラフト1巡目で横浜に指名された山口とは重ねっていないが、記事によると既に投球をチェックしているという。

 記事は、ウォーカー氏のコメントを紹介。「彼ら(DeNA)は彼(山口)の映像も送ってくれた。私は彼が登板している試合をいくつか見る機会を得た。彼は直球も巧みに制球でき、えげつないスプリットも投げる。ブルペンから登板しても、または短い投球回数でも効果的な投球ができる」と話している。

 ウォーカー氏はさらに「柔軟性もあるし、イニング数も計算できる。彼は投手としての自身の特徴をしっかり理解しているように思える。だから、我々は(ヤマグチの根本的な部分で)新しい何かを作り出そうとしているわけではない。彼は自分のすべきことを理解しているし、彼が我々にとって心底喜ばしいサプライズとなってくれる。私はそんな感覚を覚えている」と称賛している。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加