De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 山口俊

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 20/11/19(木)19:27:34 ID:0wn
楽しそうでなによりです(白目)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

3: 風吹けば名無し 20/11/19(木)19:28:18 ID:0wn
元URL




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://i.imgur.com/5cOVxTq.jpg

1: 風吹けば名無し 2020/09/30(水) 00:46:07.37 ID:mQ1Zt6hZ0


 ブルージェイズ山口俊投手が、ワイルドカードシリーズの出場登録選手から外れた。シーズン最終戦で4敗目を喫し、課題を残していた。

 27日のオリオールズ戦で、同点の5回から2番手で登板したが、2イニングを投げ4安打3失点で負け投手。メジャー1年目を2勝4敗、防御率8・06で終えていた。筒香の所属するレイズと戦うが、無念の登録外となった。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/09/16(水) 10:32:55.17 ID:+DVKNcOud


 ◆メジャーリーグ ヤンキース―ブルージェイズ(15日、ニューヨーク・ヤンキースタジアム)  ブルージェイズ・山口俊投手(33)が15日(日本時間16日)、敵地・ヤンキース戦に6点ビハインドの2回途中から2番手で登板したが、1回3分の1を投げて6四死球を与えるなど2安打7失点と、ヤンキース打線にのみ込まれた。

 マウンドに上がったのは1―7と6点を追う2回2死走者なし。このイニングはスタントンを空振り三振に斬って、順調に滑り出したかのように見えた。だが、3回。先頭から3者連続四球で無死満塁のピンチを背負うと、サンチェスとウェードに連続の押し出し死球。さらにはラメーヒューに左翼線への走者一掃3点適時二塁打を浴びて5点を失った。

 4回にも二塁打と四球で無死一、二塁とピンチになって降板。後続が走者を返したことで、7失点になった。12人に対して59球を投げ(うちストライク30球)、試合前に3・98だった防御率も6・65になった。

 前回登板の8日(同9日)の本拠地・ヤンキース戦では2回1失点で2勝目(3敗)を手にしていた山口だったが、ヤンキースタジアムデビュー戦はほろ苦いものとなった。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題



14: 風吹けば名無し 2020/08/27(木) 10:36:30.73 ID:oKs/ehc80
初勝利おめでとう🎊


◆メジャーリーグ ブルージェイズ9―1レッドソックス(26日、バファロー・セーレンフィールド)

 ブルージェイズ・山口俊投手(33)が26日(日本時間27日)、本拠地のRソックス戦で、メジャー移籍後自己最長となる4回を投げて2安打1失点という好投を見せ、メジャー初勝利を手にした。2―0で2点リードの3回から2番手で登板。雨が降る中での登板だったが、テンポのいい投球でリードを守った。

 3回は先頭のブラッドリーの打球が右膝付近に直撃。内野安打になって出塁を許したが、顔色ひとつ変えることはなかった。続くチャビスに四球を与えて無死一、二塁のピンチを背負ったが、バードゥーゴを二塁併殺打、ディバースを遊ゴロに打ち取って無失点。4回は2死から好調モアランドにソロ本塁打を左翼に浴びて1点差に迫られたが、しのいだ。

 打線が追加点を奪って、4―1と点差が3点に広がった5回は三者凡退。4回も2死から四球で走者を出したが、ボガーツから三振を奪って、無安打無失点でマウンドを降りた。ブルペンデーだったこの日は、7回から昨季まで阪神に所属していたドリスが登板。8回には元日本ハムのバースも投げた。打線も効果的に追加点も奪ってリードを広げて、逃げ切った。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
yamaguchi


1: 風吹けば名無し 2020/08/24(月) 14:11:31.86 ID:s9os3rr9d


ブルージェイズ・山口俊投手(33)に23日(日本時間24日)、メジャー初先発の可能性が浮上した。

 ブ軍はこの日、開幕ローテ入りして5試合に先発し0勝1敗、防御率4・91の成績を残していたマット・シューメーカー投手(33)を、右肩の炎症のため10日間の負傷者リスト(IL)入りさせたことを発表。さらにローテの谷間で3試合に先発したトレント・ソーントン投手(26)も敵地・レイズ戦で先発したが、右肘の炎症を訴えて1回限りでマウンドを降りた。

 開幕ローテに入っていたのは柳賢振投手(33)、トム・ハッチ投手(26)、タナー・ロアーク投手(33)、ネート・ピアソン投手(24)と、シューメーカー、ソーントン。ハッチは救援に回っており、シューメーカーとソーントンが故障した。現時点で確定している先発陣は柳賢振、ロアーク、ピアソンに加えて3試合に先発しているチェース・アンダーソン投手(32)の4人だけ。日本時代に先発経験もある山口が先発候補に挙がる可能性もありそうだ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加