De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ: 高校野球

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/09/28(土) 18:43:27.68 ID:sgKu/+Rfa
横浜高野球部 暴力問題発覚の監督、部長を解任 高山コーチが監督代行
横浜高野球部 暴力問題発覚の監督、部長を解任 高山コーチが監督代行

 横浜高は、野球部の指導者による部員への暴言や暴力があったとして、金子雅部長(42)と平田徹監督(36)を28日付けで解任したと発表した。

 発表の中では発覚からの経緯も明らかにした。

 9月26日付の地元紙で平田監督、金子部長の暴言や暴力が告発されたことを受け、事情を聞くと「金子部長は暴言の一部、平田監督は生徒の首のあたりをつかんだことを認めた」とした。  さらに26、27日に1年~3年の部員全員に聞き取り調査を行ったところ、報道された内容がおおむね事実だったという。この結果を踏まえ、部長・監督に再度事実を確認すると両者ともに認めたという。

 葛蔵造校長は「被害を受けた部員の皆さま並びに世間をお騒がせしたことを深くお詫び申し上げます。学校の監督不行き届きを反省し、再び繰り返されることがないよう注意していきたい」とコメントした。

 今後は、筒香嘉智(DeNA)と同級生だった野球部OBで、17年から指導する高山大輝コーチが監督代行を務め、新たな部長は速やかに決定するとしている。

 横浜高は1968年からチームを率いた名将の渡辺元智監督の後を受け、2015年に平田監督が就任。今夏に続き、今秋も神奈川県大会で8強止まりで、来春のセンバツ出場が絶望的となっている。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題

1: 風吹けば名無し 2019/09/26(木) 03:19:30.16 ID:xUZJ6wBk0
横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」


 横浜高校(横浜市金沢区)の野球部で、責任教師の金子雅部長(42)が部員に対し暴言や暴力を繰り返しているとして、問題視する声が現役部員から上がっていることが25日分かった。平田徹監督(36)がこうした暴言を黙認し、自身も暴力を振るっていたという指摘もある。神奈川新聞の取材に複数の部員が証言した。学校側は「事実なのか調べなければいけない」としている。 

  現役部員によると、金子部長が日常的に「死ね」「殺すぞ」「やめちまえ」「クビだ」といった暴言を頻発しているのを、多くの部員が見聞きしているという。また複数の部員が「金子部長が、平手で部員の胸の辺りを突き飛ばしているのを見たことがある」と話した。

 平田監督はこうした暴言や暴力を横で見聞きしていても黙認しているという。

 また別の部員は、今年8月中旬、平田監督が練習中に、約40人の全部員をグラウンドに集め、練習でミスを重ねた部員の首を両手でわしづかみにして揺さぶり「なんでできないんだ」「だから使いたくないんだ」などと罵倒するのを目撃した。部員の首筋に残った爪の跡を、複数の部員が「見た」と話している。

 神奈川新聞の取材に、金子部長は「『クビだ』は言ったかもしれないが『死ね』や『殺すぞ』は絶対に言っていない。手を出したことも一切ない」と答えた。その上で、「感情的になってしまい、自分自身を見失ったときもある。大いに反省しなければいけない」とした。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/09/22(日) 08:30:15.77 ID:VGZ4fsem9
通算170本塁打の「T-岡田」がFAで移籍へ “再生工場”として挙げられる3つの球団
通算170本塁打の「T-岡田」がFAで移籍へ “再生工場”として挙げられる3つの球団

 秋の訪れとともに、プロ野球ではベテラン選手の引退や退団の話題が多く聞かれる時期となった。
現役続行を希望して、特に注目を集めているのは松坂大輔(中日)と鳥谷敬(阪神)だが、それ以外にも気になるニュースが飛び込んできた。T-岡田(オリックス)がFA権を行使して他球団への移籍を検討していると発言したのだ。 

 T-岡田は2005年の高校生ドラフト1巡目でオリックスに入団。プロ入り5年目の10年には33本塁打でホームラン王のタイトルを獲得し、通算170本塁打を記録しているチームを代表する強打者だ。しかし今年はシーズンの大半を二軍で過ごし、ここまでわずか6安打、1本塁打と一軍に定着して以降で最低の成績となっている。オフには、ベテラン選手としては異例といえるプエルトリコのウインターリーグへ派遣されることが発表されたが、出場機会を求めてFA宣言することは十分に考えられるだろう。 


 まずT-岡田だが、真っ先に検討したいのが貧打に苦しんでいる阪神だ。ここまでチーム最多本塁打は大山悠輔の13本で、期待されたマルテも打率は低くないが、中軸としては12本塁打、49打点と、かなり物足りない数字に終わっている。福留孝介、糸井嘉男の大ベテランに加えて、T-岡田も獲得するとなれば、チームの若返りが遅れるという懸念はあるが、中堅、若手に長打が期待できる選手がほとんどいないチーム事情を考えると、獲得を検討する余地は十分にある。好不調の波が激しいT-岡田にとって、熱烈な虎党のプレッシャーは酷という声もありそうだが、今の状態であれば過剰な期待もなくプレーできるのではないか。さらに、慣れ親しんだ関西で、生活の拠点を変えずに済むというのも本人にとってプラスになるだろう。 

 条件付きで阪神以外に挙げたいのがヤクルトとDeNAだ。ヤクルトはバレンティン、DeNAは筒香嘉智がオフに退団した時の“穴埋め”として検討したい。特におすすめしたいのがヤクルトだ。バレンティン以外の外野手も青木宣親、雄平とベテランが揃い、1年を通じての活躍は難しくなっている。また、今シーズンはファーストを守ることが多かった村上宗隆も、今後のことを考えればサードに固定したい。そうなると、T-岡田の長打力を生かせるポジションは十分にあると考えられる。ヤクルトは、野村克也監督時代から「再生工場」と呼ばれ、“外様”の選手が馴染みやすいチームカラーもT-岡田にとってプラスになりそうだ。 

続きを読む