De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2ちゃんねる(2ch,sc)・なんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 中畑清

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 06:19:20.27
侍J小久保監督 退任…後任候補に原氏、中畑氏、松井氏

 ◇WBC準決勝 日本1―2米国(2017年3月21日 ドジャースタジアム)

 準決勝で敗退した侍ジャパン・小久保監督は試合後の会見で退任する意向を示した。進退について「この大会に向けてということで受けさせてもらったので、これで契約は満了ということです」と語った。

  13年10月に監督に就任してから今大会での世界一奪還を目標に掲げてきた。1次ラウンドから6戦全勝で勝ち上がってきたが、前回大会に続いて準決勝で涙をのみ、「やりきったと言えばやりきったが、勝てなかったのは事実。責任は僕にある。あとは周りが評価すること」と淡々と話した。

 今後、日本野球機構(NPB)が進める後任人事。次期監督は2020年東京五輪の指揮を任される可能性もあり、熊崎勝彦コミッショナーは「WBC後の4、5月には3年半後のオリンピックを見据えて、監督人事を含めた新しい体制づくりについて議論することになる」と話す。プロアマの歴代の代表監督を務めた有識者の意見を聞き、人選に反映させるとみられる。さらに人選にとどまらず、選考の仕組み、組織改革も行われることになりそうだ。

 実績面で有力候補に挙げられるのは、一昨年まで巨人を率いた原辰徳氏と、同じく一昨年までDeNA監督を務めた中畑清氏だ。原氏は2度の政権を含めた計12年でリーグ優勝7回、3度の日本一。09年には第2回WBCで指揮を執り、2連覇に導いた。中畑氏はDeNAの昨季CSファイナルS進出という躍進の土台を築きあげた。04年アテネ五輪では脳梗塞で倒れた長嶋茂雄監督に代わってへッドコーチとして指揮を執り、銅メダルを獲得している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000168-spnannex-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
AlqvXGP

939: 名無しさん@おーぷん 2017/02/14(火)09:59:41
 ほいキヨシ

 
 いいもの見せてもらったよ。網谷と細川。2人とも追い込まれながら真っすぐをセンターへ。凄く楽しみな右の大砲2門。細川は初めて見たけど、外角高めのボール気味の球を踏み込んでいってバックスクリーン右にぶち込んだ。パワーとヘッドスピード。バットの抜けがいいから打球に逆スピンがかかって、ぐんぐん伸びていく。ラミちゃん監督の目に留まって2軍から呼ばれ、最初の打席で結果を出すなんて「持ってる」なあ。

 左打者が幅を利かせている現在の野球界では貴重な右の長距離砲。「豪打」のイメージは江藤慎一さん、大杉勝男さん以来かな。ひと振りで決める。バットマンとして最大の魅力。このままスケールの大きい打者に育っていってほしいね。

 守りに対する意識も強く持ってもらいたい。ともに課題は守備。若くして代打専門なんてありえない。打撃を生かすためにも、守りを磨くべし。ファームでどんどん試合に出て経験を積むことだね。それにしてもDeNAのスカウトはいい選手を見つけてくるなあ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000091-spnannex-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 04:06:58.79
【中日】森監督、キヨシや恩師のマル秘話連発にタジタジ

20170111-00000207-sph-000-4-view

 中日の森繁和監督(62)を「励ます会」が11日、都内のホテルで行われ、発起人の駒大野球部元監督・太田誠氏(80)ら350人が出席した。あいさつに立った招待客らは口々に新指揮官のマル秘エピソードを暴露。たびたび会場が笑いに包まれた。

 まずは駒大の1学年先輩にあたるDeNA前監督・中畑清氏(63)。壇上から中日・佐々木崇夫球団社長(70)に目配せしながら、「よく落合(博満GM)の絡みがある中で(就任要請した)。あり得ないと思ったんだけどな」とニヤリ。その後も「(就任前年は)最下位からのスタート。俺と同じだな」などと最後までマイクを離さず、勝手にMCを務めた。

 さらに森監督の恩師・太田氏は1976年ドラフトでロッテの1位指名を拒否したことを振り返り、「『私は足りないところがあるから行きません。監督は来る必要はないです』と言って、ひとりで断りにいった。監督は何百勝もした人(金田正一氏)ですよ。その後、ノンプロ(住友金属)でオールジャパンのエースになった。それが森の流儀。義を通す男」と打ち明けた。

 そして森監督が学生時代に駒大の講師だった白鴎大・福岡政行名誉教授(71)も「森の政治学のテストは白紙だったが、泣く泣く60点をつけた。中畑は『野球部4番サード中畑。打率3割2分5厘』と3行だけ書いていたが、それも泣く泣く60点をつけた」と告白。タジタジの新指揮官は「監督を引き受けたのは、中畑さんを見て『こりゃ楽だな』と思ったから」と仕返し。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000207-sph-base

続きを読む









このページのトップヘ