De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ: 雑談

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/02/27(土) 10:36:58.49 ID:Cg2o8Uubd
ダイクマ

79769945ac069d9c4b77ea3b729d8995


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題

1: 風吹けば名無し 2021/02/25(木) 16:47:08.55 ID:4gL7zEPK0


DeNAの経営参画決定について

DeNAは2021年4月に株式19%取得、トップスポンサーとして協賛を開始予定

 株式会社スポーツクラブ相模原(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:小西展臣、以下SC相模原)と、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、SC相模原のさらなる成長を目指し、DeNAがSC相模原の経営に参画することが決定しました。DeNAは2021年4月にSC相模原の株式19%の取得とトップスポンサーとしての協賛を開始する予定です。

 なお、本件によるSC相模原の新たな株主発生について、2021年2月25日(木)に開催された公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の理事会で承認を得たことをあわせてお知らせします。

 DeNAは、ゲームやエンターテインメント、ヘルスケアやオートモーティブといった様々な領域のサービスを提供してきたIT企業で、2011年12月のプロ野球参入を皮切りに、長距離陸上、プロバスケットボールなどスポーツ事業の取り組みを広げ、チーム運営のみならずスタジアムや街づくりへの発展に努めています。 SC相模原は、昨年クラブ初のJ2クラブライセンスを9月に交付され、悲願のJ2昇格を達成、2021シーズンより新たな舞台で戦います。

 両社は今後、DeNAが横浜DeNAベイスターズや川崎ブレイブサンダースを通じて培ってきたプロスポーツマネージメントのノウハウを生かし、SC相模原のチームやビジネス力の強化、試合観戦を中心としたエンターテインメント性の向上、ホームタウンを中心とした地域への貢献拡大を目指します。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
セリーグ


1: 風吹けば名無し 2021/02/21(日) 16:08:21.08 ID:CAP_USER9


「現在、話題になっている『セ・パ間格差』について、DH制との因果関係は当然あると思いますね。パ・リーグの場合は投手が打席に立つ必要がない。じゃあ、その代わりに誰が打席に立つのかといえば、強打の外国人選手が入ることが多い。セ・リーグは打撃が劣る投手がバッターボックスに立ち、一方のパ・リーグは打撃に勝る強打者がひとり増える。それは攻撃力の大幅アップにつながりますよね」

 さらに、ラミレス氏は監督経験者ならではの指摘をする。

「セ・リーグの場合は、選手の起用人数が多くなりがちなんです。たとえば、試合中盤になって、チャンスの場面で先発投手に打席が回ります。ここで代打を起用し、そのあとに守備位置を変更しようとしたら、代打を使うだけでなく、別の選手を守備に起用するダブルスイッチが必要になって、一気に多くの選手を使うことになります」

 当然、DH制を採用しているパ・リーグでは、この問題に頭を悩ませる必要はない。

「セ・リーグの場合、試合終盤になると選手が足りなくなることがしばしばあります(笑)。でも、パ・リーグは最後の最後まで選手を温存できるから、ここぞという大事な場面で足のスペシャリストを代走に起用したり、守備の名手を守備固めに起用したりしやすくなる。この点もセ・リーグとパ・リーグの違いになっていると思います」

 DH制の有無によって、確実にセ・リーグとパ・リーグに違いが生じた。しかし、ラミレス氏は両リーグ間の格差の存在を認めた上で、「セ・リーグはDH制を採用する必要はない」と言い切る。

「ピッチャーが打席に立つことによって、重要な場面で代打を送るのか、バントをさせるのかを判断しなければならず、代打起用の際にはその次の守備をどうするのかも考えなければいけません。複雑な戦略は野球の見所です。だから、私はセ・リーグのDH制導入は賛成ではありません。リーグ間で、それぞれ違うシステムを採用している現状のままのほうが、さまざまな野球を楽しめると考えるからです」

 セ・リーグとパ・リーグが直接対戦する交流戦や日本シリーズにおいて、「セ・リーグの本拠地ではDH制を採用せず、パ・リーグの本拠地ではDH制を採用すれば、不公平にならずに、それぞれのスタイルを楽しめる」とラミレス氏は言う。そして、それこそ、野球の多様性、さまざまな面白さの表現となると考えているのだ。

【セ・リーグ各球団のドラフト戦略の見直しを】

 ここまで聞いてきたように、ラミレス氏の中では「両リーグ間の格差は存在する」という前提があり、「パ・リーグはセ・リーグの5年先を進んでいる」と考えている。さらに、「このままではセ・リーグはパ・リーグに追いつけない」というのがラミレス氏の持論だ。では、今後、どうすれば両リーグ間の格差は縮まるのか? そんな問いを投げかけると、まずは「ドラフト指名」について、ラミレス氏は語り始めた。

「私が現役だった頃と比べても、パ・リーグのパワー対パワーの野球は年々、進化しています。これまで何度も言ったように、その根本にあるのは、パ・リーグには150キロを超えるボールを投げられる投手が多いことにあります。これは偶然なのかどうかはわからないけど、スーパースターと呼ばれる好投手たちは、なぜかパ・リーグに多い。これは、ドラフト戦略も関係している問題だと思います」

 ラミレス氏は、このように指摘した上で、さらに続ける。

「セ・リーグ各球団も、積極的にアマチュアのスーパースターたちを指名していく必要があると思います。昨年ロッテに入った佐々木朗希投手、今年楽天に入った早川隆久投手など、これからの活躍が期待される投手たちが、やはりパ・リーグに集まっています。すぐに結果が出る解決法ではないけれど、長い目で見たドラフト戦略の見直しも、セ・リーグの各球団には求められていると思いますね」

「セ・リーグ各チームのキャッチャーのような、アウトサイド一辺倒の配球も見直す必要があると思います。スピードボールを投げられる投手がいないから、内角のサインを出さずに外角でかわすピッチングばかりしていると、投手のレベルも、打者のレベルも上がらないし、交流戦ではパ・リーグの各打者に狙い打ちされます。初めは勇気がいるかもしれないけれど、内角をきちんと攻める。そんな配球も必要だと私は思います」

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/02/15(月) 05:01:57.14 ID:/5vu1/x20


 東京五輪組織委の後任会長に複数の候補者が挙がっており、プロ野球DeNAのオーナーを務める南場智子氏(58)の名前も浮上していることが分かった。南場氏は敏腕経営者としてDeNAを成長させ、昨年は12球団オーナー会議で女性初の議長を務めた。世界に名の知れたリーダーでもあり、コロナ禍で厳しい運営を強いられたプロ野球にあって、かじ取りをこなしたことでさらに評価が高まった。ただ、多忙であり、東京五輪への直接的な関わりが浅く、関係者との関係構築には時間が足りないとの見方もある。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
japan_character3_kantou7__kanagawa


1: 風吹けば名無し 2021/02/14(日) 23:47:03.96 ID:G/6ZH2GLx
あんま知らない

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加