De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 三浦大輔

このエントリーをはてなブックマークに追加
o0480036114148548619

1: 風吹けば名無し 2018/03/19(月) 11:51:37.54 ID:RmY+5VBTa
嵐・松本潤主演「99.9」最終回は自己最高21・0%で有終の美 日曜劇場2作連続で大台超え

 「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9 ―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の最終回が18日、2時間SPとして放送され、平均視聴率は21・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。 第2、8話に記録した18・0%を大幅3・0ポイント更新する自己最高をマークし、初の大台超えで有終の美を飾った。

 初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。

 第3話=16・2%、第4話=16・8%、第5話=17・0%、第6話=17・0%、第7話=17・4%と推移。最終回前となった第8話で、第2話に並ぶ自己最高タイ18・0%を記録していたが、今回さらに数字を伸ばして初の大台超えでフィニッシュした。瞬間最高は22・5%だった。

 昨年10月期に同枠で放送された「陸王」も最終回で20・5%を記録しており、日曜劇場は2作連続で大台超えフィニッシュ。これは2004年「砂の器」「オレンジデイズ」以来14年ぶりの快挙となった。

 最終回では、2016年に放送されたシーズン1に立花彩乃役で出演していた榮倉奈々(30)が2年ぶりに同作に復帰。元DeNA投手の「ハマの番長」こと三浦大輔氏(44)の出演でも話題を集めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000099-spnannex-ent 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
no title
no title





195: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:15.78 ID:fX7Pack3d
ファー

196: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:15.81 ID:QCa8rEGC0

197: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:15.92 ID:wiv4SrTMM
ばんてふwwww

201: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:18.29 ID:+j9mLxXup
ばんてふ!

203: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:18.70 ID:vZvluVok0
三浦やんけ

223: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:24.57 ID:h4WRwM820
何やってんだよ番長!?

266: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:36.50 ID:j/NjXtjP0
そっくりさんかよ

269: 風吹けば名無し 2018/03/18(日) 21:17:37.69 ID:56iL0dsfa
本人だぞ


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/03/13(火) 06:31:14.39 ID:DJDpV2Fg0
“ハマの番長”三浦大輔氏「99.9」最終回登板、民放連ドラ初出演

20180313-00000001-spnannex-000-3-view

 元横浜DeNAベイスターズの“ハマの番長”こと三浦大輔氏(44)が、民放連続ドラマに初出演する。18日放送のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―SEASON2」(後9・00)の最終話に登場する。


 嵐の松本潤(34)演じる弁護士・深山が、無罪の可能性を信じて難解な刑事事件に挑むドラマ。番長の役どころは、深山が事件の捜査で見つけ出す重要なポイントに関わるキーマン。「マウンドでより緊張する」と言いながら、堂々の演技を披露。相手のアドリブに合わせてセリフの語尾を変える“変化球”でもスタッフを驚かせた。

 出演するのは最終回となる第9回。通算172勝の右腕が、クローザーのごとく9回のマウンドに立つ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000001-spnannex-ent

続きを読む









このページのトップヘ