De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 三浦大輔

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/11/01(金) 15:03:57.50 ID:aY53I5cB0

DeNAラミ監督、三浦2軍監督と綿密連係とる「選手の起用法も分かっている」

 DeNA・ラミレス監督が、今季1軍投手コーチを務めた三浦2軍監督とのホットライン形成を誓った。「1年間投手コーチをやって、選手の起用法も分かっていると思う。しっかりコミュニケーションを取りながらやっていければ」と話した

 ラミレス監督や若手野手陣はこの日、秋季キャンプ地の鹿児島・奄美大島入り。「個人のやるべきことをしっかりやる時間になる」と底上げを図る。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
20191029-00000504-sanspo-000-1-view

1: 風吹けば名無し 2019/10/29(火) 05:07:22.66 ID:nmqui38+0


 DeNA・三浦大輔投手コーチ(45)が来季の2軍監督に就任することが28日、分かった。球団からの要請を正式に受諾したもようで、近日中に発表される。

 2016年に現役を引退し、今季から投手コーチとして現場に復帰した。シーズン中はブルペン担当の木塚投手コーチと役割分担。ベンチから戦況を見守り、若い投手陣を精神面でも支えていた。

 現役時代は大洋時代から横浜一筋で25年間プレーした三浦コーチ。球団側は、将来の1軍監督就任も視野に入れ、今回の配置転換を決めたとみられる。ラミレス監督、青山ヘッドコーチのもとで学んだベンチワークを生かし、来季は若手育成に尽力する。 




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-06 21-09-54-467

1: 風吹けば名無し 2019/10/23(水) 12:31:46.11 ID:a6KtEUvs0


 21年ぶりのリーグ優勝には届かなかったが、巨人と優勝争いを展開し、球団史上初のCS本拠地開催を実現させたDeNA。
その一方で、今季も阪神相手に大きく負け越し、V逸の要因の一つとなった。来季勝ち越すためのキーワードとして、“福留封じ”が浮かび上がった。 

 今季対戦成績8勝16敗1分け。8勝17敗だった昨季に続き、2年連続ダブルスコアで負け越した。これで2014年から6年連続で阪神相手に勝ち越せていない。その間にAクラス3度。チームは強くなっているが、相性の悪さが解消できていない。 

 チーム別の失点数を見ると、最も抑えているのが広島で97失点。阪神には巨人と並んで115失点と最も点を取られた。総得点数538はリーグワーストで得点力に課題を残す阪神だが、DeNA投手陣は苦しめられた。「もう阪神には投げたくない」と漏らす投手もいたほどだ。 

 負の連鎖を止めるためには-。現役時代に虎キラーと呼ばれた三浦大輔投手コーチは「近本の足もそうだけど、孝介(福留)にいい場面で打たれた」と見る。福留はDeNA戦で打率・311、3本塁打、15打点。今季47打点のうち約3分の1を稼がれた。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-07 19-58-53-447

1: 風吹けば名無し 2019/10/08(火) 14:30:28.06 ID:85L7hhiH9
DeNAラミレス監督続投で囁かれる“番長”三浦監督投入のタイミング
7日のセCSファーストS第3戦、DeNAは阪神に敗れて終戦。ストーブリーグに突入した。 

 主砲の筒香嘉智(27)は、かねて希望していたポスティングによる今オフのメジャー挑戦について、球団が容認することを公表。さらに、重要事項だった来季の監督は、ラミレス監督(45)の続投が正式に決まった。南場オーナーがこの日の試合後、ラミレス監督と会談し、続投要請した。 

「一方、親会社が次期監督候補として高く評価しているのは、ファンから『番長』の愛称で親しまれる生え抜きOBの三浦大輔一軍投手コーチ。2016年に現役を引退後、17年から球団のスペシャルアドバイザーとして、メジャー視察を行うなど、グラウンド外でも知見を広げた。今季、コーチとしてチームに復帰。球団は番長をいつ、一軍の監督にするのか、慎重に見極めていることは確かです」(球団関係者) 

 そこで、来季構想として浮上しているのが、次期監督就任を見据えた二軍監督への配置転換だという。 

 「現在の万永二軍監督は、1994年に横浜(当時)に入団。06年に現役引退後は、コーチ、スカウト、二軍監督を歴任。一度もユニホームを脱いでおらず、チームを熟知している。その万永二軍監督がフロントに回り、三浦二軍監督をサポートする。就任4年間でAクラス3度の実績をつくったラミレス監督には昨年同様、1年契約で続投してもらい、早ければ来オフに、番長監督へつなぐという構想があると聞いています」(横浜OB) 

 コーチ部門は前ロッテの大村打撃コーチの招聘が検討されるなど、テコ入れが行われる予定だ。 

 今回、南場オーナーは2位に押し上げたラミレス監督の手腕を評価する一方で、本人に「来季は優勝しかない」とクギを刺したという。チームの顔だった筒香が抜けて、さらなる手腕が問われる。番長監督のタイミングは、来季の成績に大きく左右される。 

続きを読む