De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 三浦大輔

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-07 19-58-53-447

1: 風吹けば名無し 2019/10/08(火) 14:30:28.06 ID:85L7hhiH9
DeNAラミレス監督続投で囁かれる“番長”三浦監督投入のタイミング
7日のセCSファーストS第3戦、DeNAは阪神に敗れて終戦。ストーブリーグに突入した。 

 主砲の筒香嘉智(27)は、かねて希望していたポスティングによる今オフのメジャー挑戦について、球団が容認することを公表。さらに、重要事項だった来季の監督は、ラミレス監督(45)の続投が正式に決まった。南場オーナーがこの日の試合後、ラミレス監督と会談し、続投要請した。 

「一方、親会社が次期監督候補として高く評価しているのは、ファンから『番長』の愛称で親しまれる生え抜きOBの三浦大輔一軍投手コーチ。2016年に現役を引退後、17年から球団のスペシャルアドバイザーとして、メジャー視察を行うなど、グラウンド外でも知見を広げた。今季、コーチとしてチームに復帰。球団は番長をいつ、一軍の監督にするのか、慎重に見極めていることは確かです」(球団関係者) 

 そこで、来季構想として浮上しているのが、次期監督就任を見据えた二軍監督への配置転換だという。 

 「現在の万永二軍監督は、1994年に横浜(当時)に入団。06年に現役引退後は、コーチ、スカウト、二軍監督を歴任。一度もユニホームを脱いでおらず、チームを熟知している。その万永二軍監督がフロントに回り、三浦二軍監督をサポートする。就任4年間でAクラス3度の実績をつくったラミレス監督には昨年同様、1年契約で続投してもらい、早ければ来オフに、番長監督へつなぐという構想があると聞いています」(横浜OB) 

 コーチ部門は前ロッテの大村打撃コーチの招聘が検討されるなど、テコ入れが行われる予定だ。 

 今回、南場オーナーは2位に押し上げたラミレス監督の手腕を評価する一方で、本人に「来季は優勝しかない」とクギを刺したという。チームの顔だった筒香が抜けて、さらなる手腕が問われる。番長監督のタイミングは、来季の成績に大きく左右される。 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-07 19-58-53-447

20: 風吹けば名無し 2019/10/08(火) 04:24:33.40 ID:SqOlaE3t0
【DeNA】ラミレス監督続投…4年で3度のAクラス入りなど成績が評価、三浦投手コーチ2軍監督も
また三浦大輔投手コーチ(45)の2軍監督への配置転換、今季、ロッテで打撃コーチを務め退団が決まっている大村巌氏(50)、球団OBの下園辰哉氏(34)の入閣がそれぞれ検討されていることもわかった。

続きを読む