De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > アレックス・ラミレス

このエントリーをはてなブックマークに追加
29402505_158126298185006_4924929575441399808_n

1: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 13:36:02.27 ID:P0O83w3i0
 ラミレス監督は「将来監督になりたい」と考え始めた現役時代から、自らに「そもそも監督とはいったい何だろう」と問うてきた。行き着いたのは監督には「ボス型」と「リーダー型」があり、自分が目指すべきは後者だということだ。以下、同書から引用する。



 《ボス型の監督の姿勢としては、「選手を使う」という印象がつきまとう。もしくは「選手を叱責する」姿を思い浮かべてもいいだろう。このタイプの監督が選手たちと会話を交わす際には、「オレが、オレが」という態度が前面に押し出されるはずだ。自分こそがチームの司令塔である、との思いが強く、自分は命令を下す立場にあると信じている。チームを率いる上で、監督には一定の権力が与えられている。したがって、その権力を行使して、恣意的な起用もできる。何かミスがあれば、その責任を選手に押しつけ、彼らを非難することもあるだろう。逆に何かいい結果が出れば、その手柄はすべて自分のものとするかもしれない。これが私のイメージするボス型の監督の姿である》

 対して自らが目指すリーダー型の監督像をこう考える。

 《「選手たちを育成したい」「選手たちを指導したい」「選手たちの前向きな気持ちを奨励したい」「選手たちのやる気を刺激したい」という思いが行動の源であり『その後、いい結果が出れば、その功績はすべて選手のものだ。まず先に考えるべきなのは、選手であり、自分のことであってはならない』》

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00831006-number-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
daldena-20180606-0096-001-p-0

1: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 23:45:15.31 ID:NGO6ycmi0
パ・リーグの力強さは間違いない。スモールベースボールはできない

 ―交流戦を戦い、パ・リーグの力強さは感じるか。

 「間違いないです。100%そうだと思います。ヤクルトは今、6連勝中でそれ以外のセ・リーグのチームは(交流戦の)勝率5割以下」

 (続けて)
 「昨日、(西武の打者に)打たれたホームランを見ても、直球150キロ以上出ていて悪い球ではなかった。セ・リーグで右投手に対して右の打者が150キロを超える球を簡単に打てる人がいるかというと難しい。それだけパワーがすごいと思います」

 ―改めてパワーを見せつけられた。そういう相手に対してどう戦うのか。
 「準備してというよりはケース・バイ・ケース、状況によって戦っていくしかない。先発が7回ぐらいまで投げてくれればそれに越したことはない。
例えば3回り目ぐらいで、相手の打線は合わせてくるので先発ピッチャーも打たれる。五回から七回の間にリリーフを使ってどう対応するか」

 (続けて)
 「昨日の試合前に秋山を塁に出すか出さないかが勝敗の鍵だと思った。実際、秋山は5打数0安打で完全に抑えたんですけど完敗した。2、3番で9回出塁している」

 (さらに続けて) 
 「間違いなく西武を見ているとパワーでセ・リーグを圧倒している。先発が長いイニングを投げても5、6点取られてしまう。それではよくない。ケースバイケースでしっかり対応するしかない。スモールベースボールはできない。どう考えても1―0の試合にならない。攻撃的にならざるを得ない」 

 ―パ・リーグは、走塁のレベルも高いと思うか。 
 「パ・リーグは球の速いピッチャーが多くて、クイックも予想していたよりも速い。キャッチャーの肩も悪い人がいない。走者は相当な技術がないと盗塁できない。そのレベルでセ・リーグを相手にすると(パと比較するとセは)6割ぐらいかなという見方をせざるを得ない」 

 (続けて) 
 「戦ってきた相手の走塁の能力を見るとセ・リーグは、6割ぐらい、それ以上、パ・リーグはいいかもしれない。パ・リーグは交流戦は、セ・リーグだからどんな選手でも走れるから準備をしておけ、というふうにしている可能性はあります。速い人は、塁に出たら初球から迷いなく、どんどん行きましょうという感じです」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4685169(スマホ限定)

5: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 23:46:24.57 ID:mV4AjtA6d
悲しいなあ

6: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 23:46:28.42 ID:mXIrWsfb0
ファンも思ってるやろ 
ちな虎

7: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 23:46:54.30 ID:JiS/VdX30
まあ勝敗見れば一目瞭然だよね…

11: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 23:47:28.90 ID:UxSGfFIA0
何も言い返せんかったわ

14: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 23:47:46.75 ID:6oY6psiF0
いや認めるなよ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2018-06-05 21-15-52-903

1: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 23:07:30.11 ID:YrIxw2FB0
4連敗ラミレス監督打線再編、不調ソト外し5番宮崎

 5番ソトは23打席連続無安打とスランプで、6日からは宮崎を5番に戻す予定。交流戦に入って2勝4敗と苦しむ中、打線を再編して勝機を探る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00230496-nksports-base

2: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 23:07:42.31 ID:YrIxw2FB0
朗報やぞ

3: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 23:07:57.02 ID:oGHQt8m00
おそいわ

5: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 23:08:19.59 ID:afkI9wkT0
まあ筒香にストライクこないしな

8: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 23:08:50.29 ID:zYsLZa+f0
冷えたソトが5番だから筒香が歩かされるし失敗やね

6: 風吹けば名無し 2018/06/05(火) 23:08:25.78 ID:QkFqJbup0
あんだけ安打打ってたし多少様子見るのはしゃーない

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2018-05-31 21-24-26-801

1: 風吹けば名無し 2018/06/01(金) 02:31:50.74 ID:rUCTieSUd
 ―山下が活躍
 「あれだけ泣くに値する活躍だった。いい涙でした」

 ―今日昇格して結果を出した。
 「起こるべくして起きた。2軍で結果を出し続けて、それで呼ばれて結果を出す。非常に良かった」

 (続けて)
 「試合前の囲みで今日、上げてきた3人の1人ずつ、どういうところを期待しますかというところで、山下だけバッティングのことを何も触れなかった(笑)。それがバッティングで結果を出した」

 ―山下に声を掛けたのか。
 「抱き合って、その時泣いていた。話せる状態じゃなかった」

 ―九回に筒香が同点本塁打。
 「ホームランの(岸が投げた)球も悪い球じゃなかった。チェンジアップだったと思う。うまく打ってホームランにする。筒香が素晴らしかったということに尽きる」

 ―東は、打球が(2度)当たりながら力投した。
 「八回も、もう1回投げさせたかった。彼の投球は岸と同じレベルだったと思います。ルーキーであれだけのレベルの投球ができるのは素晴らしい。スタミナ、馬力をものすごく備えている」

 (自ら続けて) 
 「山下の話に戻るんですけど、後で打った瞬間のビデオを見たい。打つ前から泣いていたのか、打った後に泣いたのか(笑)。あまりにも展開が早すぎる」 

 ―山下のバッティングを評価するならば、思い切りの良さ。 
 「スマートな打撃だったと思います。2ストライクになって当てにいくように切り替えた。膝を深めにして当てにいこうとしていた。非常に賢い」 

 ―1軍に上げた山下が活躍し、3番に置いた宮崎も2ランを打った。 
 「監督としては素晴らしい気持ちです。宮崎はほとんど、ずっと5番だった。打順を変えて結果を出した。山下も活躍する。今日は監督、冥利(みょうり)に尽きる。そういう日でした。今日、試合前の囲みでも言いましたけど、宮崎はどんなピッチャーでも初球から準備をしていると。こういうバッティングをしていれば相手にとって脅威の打者」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4678940


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

1: 風吹けば名無し 2018/05/30(水) 10:16:47.03 ID:0UNg8+4Ud


ラミレス監督、好球必打で「自己紹介」コーチに伝授

 試合前ミーティングで、同監督がコーチ陣に伝えていたことがある。「普段、対戦していない投手だが気にせずいこう。ストライクを見逃さず振っていくんだ。相手がどんなボールを使ってくるか自己紹介される前に、自分自身を紹介しよう。『私はこういう人間なんだ』と見せることが大事なんだ」。DeNAの等身大の姿で戦った。

 8回に打線が爆発し、7点差の大勝で楽天を退け2位浮上。3年連続交流戦白星発進の同監督は「『DeNAというのはこういうチームです』と自己紹介できたと思う」。セ・リーグ唯一の白星にニヤリと笑った。

続きを読む









このページのトップヘ