De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2ちゃんねる(2ch,sc)・なんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ: 横浜DeNAベイスターズ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 09:03:44.80
21歳の野球選手が僧侶的な食生活。DeNA関根大気に漂う知性、向上心。

284e12a8-s

玄米や魚、ドレッシングなしのサラダを摂る食生活。

 「ぼくが食べないものはほかにもいろいろあって。小麦粉、揚げもの、乳製品、それから人工の糖分もほとんど摂らない。食べるのは玄米や魚、あとはサラダとか。もちろんドレッシングはかけません。たんぱく質の摂取はプロテインを飲んでいる。植物性のもので、人工の糖分や添加物が一切入っていないものを数杯飲んで、なんとか補っています」

 脱臼により離脱していた昨春、栄養学の本を何冊も読み、はるばる京都まで日帰りで行って著者の話を直に聞き、これだと思うものに巡りあえた。坪井智哉打撃コーチも現役時代に実践していたという食事法を提唱するのは、『「食」を変えれば人生が変わる』などの著書をもつ山田豊文氏(杏林予防医学研究所所長)である。

 「人が考えないことをやってこそ、一歩先に行ける」

 僧侶のような食生活を始めて1年近くになるが、関根自身は肉体的な変化を実感している。

 「普通の食事をやめたばかりのころは、肉を食べないせいか、いろんな筋肉に痛みが出て肉離れ寸前になったこともありました。でも体の入れ替え期間が終わってからは、すごく調子がいい。この秋のキャンプにしても、毎年、終わるころには筋肉に痛みが出ていたのに今回はそれが一切ないし、完璧なコンディションをずっと維持しながらやれている。

 この考え方が変わらない限り、選手の間はいまの食事を続けます。人が考えないこと、考えてもやらないようなことをやってこそ、一歩先に行ける。後悔したくないので、信じたものをちゃんと信じきって、ぼくはやっていこうと思っている」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00827271-number-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
399: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)20:57:20
【DeNA】大阪桐蔭出身2年目の大砲候補・青柳が掲げる今季の目標

20170116-00000229-sph-000-2-view


 DeNA・青柳昂樹外野手(19)が16日、京都・久御山町のNTT西日本グラウンドで戸柱とともに行っている自主トレを公開し、2年目の今季は1軍に昇格して大阪桐蔭高の先輩、阪神・藤浪と対戦することを目標に掲げた。

 大阪桐蔭高時代には、2年夏に主に5番打者として全国制覇も経験。抜群の身体能力で将来の大砲候補として期待される182センチ、83キロの大型外野手が、目を輝かせて言った。「今年は1軍で戦力になりたいです。4日に母校のグラウンドに練習に行ったら(阪神の)藤浪さんが来てて『今年は対戦できるように頑張ろう』と言っていただいたんです」と明かした。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000229-sph-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/15(日)22:20:56
20170115-01764346-nksports-000-4-view


 DeNAに育成ドラフト1位で入団した笠井崇正投手(22=BCリーグ信濃)は異色の経歴の持ち主だ。

 北海道・旭川西から一般入試で進学した早大では、野球部を2日で退部した。「一般で入って推薦(入学の学生)よりチャンスが少なく、つかむためには目立つ必要がある。チャンスをもらうまでが大変だな」と、入部2日目の夜に「やめます」と伝えた。当然プロへの道は頭にはなかった。

 サークルなどでプレーし趣味の域にとどまっていたが、母校での試合で球速140キロ超えを記録。「BCリーグでやっていれば、もしかしたらチャンスがあるかもしれない」と、大学3年の冬にトライアウトを受け、信濃入りが決まった。3年間でほとんどの授業で単位を取得していた笠井は、チームのある長野へ引っ越し。わずかな授業やゼミのときは友人の部屋へ転がり込んだ。

 現役大学生にして独立リーグでプレーする環境。野球と学業を両立させて、卒論も当然書いた。題名は「投球動作の所要時間と投球速度の関係及び、投球速度の不安定性に影響を与える体力要素」。クイックモーションの手本として、球界最速と言われるDeNA久保康友投手(36)も参考資料に使った。研究した結果を「早く投げたいと焦って投げて球速も遅くなっていた。意識するようになってからはよくなった」とプレーに反映させる。

 今では最速151キロの力強い直球が持ち味。異色の経歴からつかみとったプロでは「リリーフでやりたい。直球の強い投手になりたい」と、プロでの成功を思い描いている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-01764346-nksports-base
これは有能ですわ




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
260: 名無しさん@おーぷん 2017/01/15(日)20:23:28
ラミレス監督、若手中心で初の対外試合臨む 2月13日・阪神戦

20170115-00000098-dal-000-3-view

 DeNAのアレックス・ラミレス監督が15日、沖縄春季キャンプ中の今年初の対外試合となる2月13日・阪神戦(宜野座)を若手主体のメンバーで臨む考えを明かした。

 サンマリンスタジアム宮崎で行われた名球会の東西対抗戦に出場後、「若い選手がたくさんいるし、どういったプレーをしてくれるか見てみたいと思っている。8割は若い選手で行くんじゃないかと考えています」と明言した。若手やレギュラーを狙う選手たちに「ハングリーに、やる気を持ってキャンプに臨んでほしいと思います」と指揮官。2月13日の阪神との練習試合もナインに競争を求める。そして、若い力の台頭に大きな期待を寄せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000098-dal-base
ワイ、若手の範囲がわからん…




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
201609200007-spnavi_2016092000043_view


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 08:16:33.70
全盛期は150近いキレキレの真っ直ぐとカットボールの典型的なパワーピッチャーだったよな


――25年間を振り返り、どんな野球人生だった?

 高校を卒業してドラフト6位で大洋ホエールズに入って、とびきり球が速いわけでもなく、すごい変化球があるわけでもなく、よくやってこられたな、と。球が速くなくてもプロ野球選手ができるということを見せたかったですし、いろんな勝ったり負けたり、負けるほうが多かったですけど、周りの方に支えてられてここまで突っ走ってこられたなという感謝の気持ちでいっぱいですね。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201609200007-spnavi?p=2
 

続きを読む









このページのトップヘ