De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ助っ人外国人選手 > ホセ・カスティーヨ

このエントリーをはてなブックマークに追加
que-1364737418

1: 風吹けば名無し 2018/12/08(土) 10:07:05.83 ID:KDNJx9t10


大谷同僚バルブエナらの死亡事故で男4人が拘束

 エンゼルス大谷翔平投手の同僚だったルイス・バルブエナ内野手と、横浜(現DeNA)とロッテでプレー経験を持つホセ・カスティーヨ元内野手が死亡したベネズエラでの自動車事故に関連した容疑で男4人が拘束された。現地当局が7日に明らかにした。

 事故は選手らが乗っていた自動車が高速道路上に置かれた障害物に衝突して起きたもので、この容疑者グループが意図的に置いたものとみられる。容疑者らは発見当時、事故に遭った選手らの所有物を持っていた。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201812080000202.html

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
84aa0a35

1: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 15:59:16.62 ID:F01JtcYn0
大谷同僚バルブエナ事故死 元横浜カスティーヨ同乗

 エンゼルス大谷翔平投手(24)の同僚だったルイス・バルブエナ内野手(33)が母国ベネズエラで交通事故死したと、米メディアが7日伝えた。 

大谷同僚バルブエナ事故死 元横浜カスティーヨ同乗
【写真】バルブエナ(右)と話すエンゼルス大谷 

 10、11年に横浜(現DeNA)とロッテでプレーしたホセ・カスティーヨ元内野手(37)、元ヤクルトのカルロス・リベロ内野手(30)も同乗しており、カスティーヨも死亡し、運転していたリベロは重体だという。 

 報道によると3人はベネズエラ冬季リーグのバルキシメト・カージナルスでプレーしており、6日に約360キロ離れた遠征先の町から本拠地バルキシメトに車で帰る途中だった。走行中の道路に岩が転がって車と衝突したと伝えられている。

 バルブエナは17年からエンゼルスに所属し、今季は96試合に出場して打率1割9分9厘。8月7日に自由契約となっていた。明るい性格の選手で、大谷ともよく言葉を交わしている様子が伝えられていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00413015-nksports-base

24: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 16:02:47.76 ID:bnKn2xWW0
岩が転がってきて衝突ってとんでもなく運が悪かったな

26: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 16:03:12.64 ID:va1oCqaj0
全員有名人やん 
やば

38: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 16:04:01.38 ID:7WZvo1ZSK
うせやん

63: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 16:06:33.98 ID:0QzsUldd0
これは悲しい

64: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 16:06:34.28 ID:XZeAXx5sp
まじじゃん

42: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 16:04:33.80 ID:ktS2244J0
アチャ悲しいわ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
vnz013-jlp09163311

1: 風吹けば名無し 2017/11/16(木) 09:30:48.19 ID:XrAXNKW70
「ムラタはどうしてる?」
イタリアで遭遇した、元横浜の助っ人も心配

 イタリア・ノヴァーラ。はるか彼方にアルプスを望むこの町の球場に、200キロほど離れたパルマからやってきたビジターチームのなかに、かつて日本でプレーした”元助っ人”がいた。

 「オレは日本でもやっていたんだぜ。えーと、ヨコハマとあとは何だっけ……セ・リーグだと思うんだけど……チームを順番に言ってくれないか」

 そう言うので、セ・リーグのチームを順番に挙げてみるも、その選手は首をタテに振らない。それではと、パ・リーグのチームを挙げると、「ロッテ」でようやく頷いた。

 ホセ・カスティーヨ――この名前を覚えている人は多いだろう。2010年に元メジャーリーガーとして鳴り物入りで横浜ベイスターズ(現・横浜DeNA)に入団し、打率.273、19本塁打と、まずまずの成績を残した。特にメジャーでも評価の高かった守備は二塁手として持ち味を発揮したが、チームの低迷もあり、1シーズンで解雇となった。

 日本でプレーした経験のある外国人選手のほとんどは、それを良き時代ととらえ、様々な思い出を語ってくれるのだが、カスティーヨにとっての”日本”は、長いキャリアのほんのワンシーンに過ぎない。

 「日本の思い出? いろんなところでプレーしてきたこともあって、あまり覚えてないんだよね。そうそうムラタっていう選手はどうしてる? 彼のことはよく覚えているよ」

 はからずも、元チームメイトで同い年のベテラン・村田修一の名前が飛び出した。今季はまだ現役でプレーしていたし、来季も現役を続けるだろうと答えると、嬉しそうにうんうんと頷いた。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/11/16/___split_90/index_3.php

続きを読む