De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 村田修一

このエントリーをはてなブックマークに追加
fd3aee21

1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/13(月)15:46:11 ID:ToD
セ・リーグの強打者もノリノリで感謝。プロ野球を魅力的にする応援

 プロ野球選手から見る「応援」企画の第2弾。前回の記事ではパリーグの若きスラッガー2人に話を聞いたが、今回は侍ジャパンの主砲である“ハマの怪童“と、カープで20年目のシーズンを送る衰え知らずのベテランが質問に答えてくれた。セ・リーグの“顔“である2人が、普段はあまり触れられることのない応援について語り尽くす!


【筒香嘉智・横浜DeNAベイスターズ】

──ご自身の応援歌の印象は?
「初めて聞いたときから『いい歌だなぁ』と思いました。それに応える活躍をしなきゃいけないという気持ちになりましたね」

──ソフトバンクの上林誠知選手は、筒香選手の応援歌がお気に入りのようです。「とくに前奏がカッコいい」と。
「ファンファーレのことですよね。あの形で始まる応援歌は少ないですし、周囲からもよく『いいね』と言われます」

──あの前奏は「ファンファーレ」と呼ばれているんですね。
「少なくとも僕のなかでは、ですが(笑)」

──登場曲についてのこだわりは?
「現在使っているのは、AK-69さんの『Flying B』と、BENIさんの『READY25』の2曲です。打席に立つときに交互で使わせてもらっていますAK-69さんとはプライベートでも交流があって、自分が大好きな曲を選びました。BENIさんの曲は、自分のために書き下ろしていただいた曲なので大切にしています」

──ホームランなどで打点を挙げて守備に向かう際には、いつも大きな声援が起きますね。
「どの球場でも、僕の名前を呼んでくれた声は耳に届いています。すごくうれしいのですが、守備のために『いつまでも浮かれていてはいけない』と切り替えることも忘れないようにしています」

──自分以外で気に入っている応援歌はありますか?
「横浜のOBでもある村田修一さんの応援歌です。高校時代からベイスターズの試合を見ていて、『“男・村田“の応援はカッコいいな』と思っていました」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010002-sportiva-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/02(木)06:41:09 ID:W1P
無題

村田の背番号25を受け継いだDeNA・筒香
「高校時代から見ていた憧れの人。いつかNPBに戻ってくることができればうれしい。一緒にやりたい思いは強い」

巨人・坂本勇
「寂しいですね。まだまだNPBでプレーできた人ですし、一緒にプレーさせてもらって学ぶこともありました。(村田)修さんの人間が大好きなので」

巨人・内海
「残念ですね。まだまだできると思うし、オファーが来ると思って、僕も報告を待っていました。すごく優しくて兄貴的な感じの人だった」

引用元:http://www.sanspo.com/baseball/news/20180802/bbo18080205030004-n2.html

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
aYkhbpc

1: 風吹けば名無し 2018/08/01(水) 01:21:39.90 ID:u2D3AePka




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/07/27(金) 13:36:51.87 ID:E7IDGC8Vp
栃木GB村田の去就に注目 NPB挑戦、期限迫る 来月1日、記者会見

20180727-00010000-soon-000-1-view

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)に所属する村田修一(むらたしゅういち)内野手の日本野球機構(NPB)復帰の最終期限が刻一刻と迫っている。NPBの今季の支配下登録期限は31日。栃木GBは8月1日に村田の記者会見を設定し、本人の口から去就について語られることとなった。

 支配下登録とはNPB球団が特定の選手と支配下選手契約を結んだ状態を指す。「日本プロフェッショナル野球協約」によると、各球団は8月から今季終了までは選手と新たな契約を結ぶことができない。仮に今月31日までにNPB球団からの正式オファーがない場合、今季のNPB復帰の道は断たれることになる。

 NPB復帰への可能性を模索する中で独立リーグの門をたたいた村田は、今季の公式戦全日程が終了する9月まで栃木GBとの選手契約を結んでいる。現状はNPB球団からのオファーがあれば移籍、なければ栃木GB残留、あるいは現役引退とさまざまな可能性が考えられ、ぎりぎりまで予断を許さない状況となっている。

 村田は26日現在で打率3割3分3厘、9本塁打、42打点。6月は球団史上初の月間MVPを獲得し、25日に小山市で行われた武蔵戦では3戦連続の本塁打を放つなど上り調子だ。観客動員や若手選手への指導など成績以外での貢献度も高いだけに、その去就は栃木GBにも大きな影響を与える。NPBで360本塁打を放った希代のスラッガーがどのような決断を下すのか。記者会見での発言に注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00010000-soon-l09

続きを読む