De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > スペンサー・パットン

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題

1: 風吹けば名無し 20/02/21(金)09:24:16 ID:ZG7




◎32歳の誕生日を迎えたDeNA・パットンは「オジイチャンネ」。まだまだ若いですよ。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
53


1: 風吹けば名無し 2020/01/28(火) 12:55:16.59 ID:yVKopF190


阪神のセットアッパーとして期待される新外国人選手、ジョン・エドワーズ投手(32)は、審判への対応を予習してきた。

 DeNAのパットンから「審判に対してあまり感情を出さないほうがいいよ」とアドバイスをもらったという。

 パットン自身の経験則というわけか。昨季、自らの投球へのイラ立ちからか、パットンはベンチにある冷蔵庫を殴打して「右手第5中手手根関節脱臼骨折」し、
整復手術を受けた苦い思い出がある。その話もエドワーズは聞いたそうで「その瞬間、やっちゃったと思ったと言っていたよ」と笑った。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

562: 風吹けば名無し 20/01/22(水)23:29:59 ID:5n.qv.L1


 DeNAのスペンサー・パットン投手が22日、羽田空港着の航空機で来日した。

 米テキサス州の新居の一室にジムを構え「シーズンオフは、ほとんどの時間を新しい家で過ごし、基本的にはそこでトレーニングを行いました」という。また既に2度ブルペンに入って投球練習も行い「手も肩も状態はとても良い」と順調な調整ぶりを口にした。

 昨季は降板後にベンチの冷蔵庫を殴打し右手骨折の失態も犯した右腕だが、来日4年目のシーズンへ「目標は、まず春先から良いスタートを切ること、そして終盤までペースダウンする事なく乗り切ること。来日以来最高のシーズンとなるよう努力していきます」と気合いを込めた。



みんな戻ってくるニュース見ると早く野球みたいわね

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 13:43:20.18 ID:Tq0xq0Sc0


 パットンは「ツツゴウは良いチームメートで、打撃も良い。しかし、メジャーへの移行は、タフになるだろう」と語っている。

 その大きな理由は、常時150キロ後半の速球を投げてくるMLBの投手たちとの対戦だという。それについては「注意深く見守るべきだ」と語った。記事では「日本では、少なくとも僕のいるディビジョン(セ・リーグ)では、90マイル半ばから、後半の投球を毎日のように見ることはない。醜い変化球もね。それに対応できるかがカギだと思う」と筒香がスピードボールや、ムービングボール、野球環境にいかに慣れ、対応できるかがポイントだと挙げている。

 過去に多くの日本人野手が挑戦したが、バットンの視点では「これまで、日本人で、アメリカにきて成功したのは、2人ぐらいしかいない。(ヒデキ・マツイとイチロー・スズキ)。あとは、現在の(ショウヘイ)オオタニ」とマリナーズなどで輝かしい成績を残したイチロー氏やヤンキースで日本人初となるワールドシリーズMVPを獲得した松井秀喜氏、そして現在、“二刀流”として戦うエンゼルスの大谷翔平投手だとキッパリ。その域に入るためにはそう簡単ではないと冷静に分析している。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/10/09(水) 22:25:23.06 ID:M4sSxVBb0
筒香よ、Rソックスかアストロズがいいぞ! 同僚のパットンが適正球団を推奨、守備向上も指摘
20191009-00010034-chuspo-000-3-view

 筒香よ、Rソックスかアストロズへ行け!

 DeNAのスペンサー・パットン投手(31)が9日、来日3年目のシーズンを終え、羽田空港から家族とともに米国へ帰国した。同
空港で取材に応じた右腕は、球団からポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を容認された筒香嘉智外野手(27)に適正球団を推奨した。 

 「左打ちの野手なので、フェンウェイパーク(レッドソックス)やミニッツメイ
ド・パーク(アストロズ)がいいんじゃないかな。デンバー(ロッキーズのクアーズ・フィールド)も野手にやさしい球場」。レンジャーズ、カブスで3年間のメジャー経験を持つパットンは、右翼方向へ本塁打のでやすい球場が本拠地の球団を、優先にすべきと持論を展開した。 

 さらに「大きなチャレンジになるとしたら守備面。メジャーの選手は強肩で守備範
囲が広く、スピードを兼ね備えた選手がいる」と、筒香が得意とは言いがたい守備の重要性を強調した。

続きを読む