De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 笠井崇正

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/03/19(月) 20:09:21.82 ID:VzMFWm2d0
【DeNA】笠井投手と高城捕手が20日から2軍合流(スポーツ報知)

DYpYiseVAAAfnn3

 DeNAは笠井崇正投手(23)、高城俊人捕手(24)が20日から2軍に合流すると発表した。

 笠井は1月に育成から支配下に昇格しキャンプ1軍スタートを勝ち取った。キャンプでは序盤からアピールに成功。オープン戦6試合に投げ防御率3・86と健闘してたが、このタイミングで2軍合流となった。

 高城は戸柱、嶺井に次ぐ3番手捕手として存在感を示していた。ラミレス監督は「捕手2人制」を敷くプランを示しており、今後は内野手登録の佐野が緊急時の3番手捕手を任されることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000236-sph-base





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2018-02-03 22-49-15-011

1: 風吹けば名無し 2018/02/08(木) 19:43:37.26 ID:tCA5yHij0
DeNA 第2クールMVPにラミレス監督「投手は笠井、野手は楠本」

 DeNAの沖縄・宜野湾キャンプの第2クールが8日に終了。ラミレス監督は「このクールは投手は笠井、野手は楠本にMVPを与えたい」と振り返った。

 1月に育成選手から支配下登録されたばかりの2年目右腕・笠井は、7日のシート打撃に登板して最速147キロをマーク。指揮官から「非常に(投球の)バランスが良いし、投内連携の動きも良い」と絶賛され、「とりあえず自分のできることはやれた。実戦では打者との駆け引きを意識して投球したい」とさらなるアピールに燃えている。

 ドラフト8位ルーキーの楠本(東北福祉大)は、広角に打ち分けられる打撃が魅力。ラミレス監督は「素晴らしい打撃のテクニックを持っている。多くの人が思っている以上に素晴らしい打者だ」と太鼓判を押した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000123-spnannex-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/05(月)12:32:38 ID:wwS
DeNA2年目 笠井、中継ぎの鬼になる 変則“捕手投げ”で進化

20180204-00000074-spnannex-000-1-view

 変則投法から繰り出される直球は切れていた。1月に育成選手から支配下登録されたDeNAの2年目・笠井がフリー打撃に登板。楽天から加入した中川大とドラフト2位・神里(日本生命)に計42球を投げ、安打性はわずか6本。最速147キロをマークし、3度の空振りも奪った。

 「凄く緊張したけど、外角の直球で左右両方の打者から空振りが取れたのは収穫です」

 早大野球部をわずか2日で退部しながら、独立リーグを経由してプロ入りしたラミレス監督の「秘蔵っ子」だ。2年目で1軍キャンプに初抜てきされた。その特長は独特なフォームだ。右手のテークバックはほとんどない。二塁へ送球する捕手のような動きから、最速153キロの直球を投げ込む。この投法になって3カ月。昨年10月のフェニックス・リーグで川村2軍投手コーチから「トップをつくるのが遅い」とアドバイスされ、11月の秋季キャンプでは大家2軍投手コーチからも同じ点を指摘された。

 「変えるしかない。大げさにやってみよう」。効果はすぐに出た。12月のウインターリーグ(台湾)では10試合連続無失点。「リリースポイントが安定して、指に掛かる球が多くなった。球速も落ちなかった」。ラミレス監督も「良い球を投げていた。低めにも投げられる」と絶賛。貴重な中継ぎ候補とあって「非常に期待している。試合で使って競争させる」と明言した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000074-spnannex-base
 川村、大家有能



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
239: 名無しさん@おーぷん 2018/02/03(土)16:53:00 ID:qq1
【DeNA】ラミ監督、打撃投手務めた熊原&笠井の両右腕絶賛 

20180203-00000080-sph-000-0-view

 DeNA・ラミレス監督が3日、沖縄・宜野湾キャンプで打撃投手として登板した熊原健人投手(24)、笠井崇正投手(23)の両右腕を絶賛した。

 3年目の熊原は1年目のダイナミックなフォームに戻し、気温13度と冷え込む中、最速148キロをマーク。桑原、新人・楠本相手に計45球。ボール球こそ多かったが安打性2本とアピールした。

 また1月に育成から支配下登録された笠井は中川、新人の神里相手に計42球。安打性は6本で、直球で3つの空振りも奪った。

 ラミレス監督は「熊原はこの時期にあれだけ投げられているというのは、いい状態でキャンプに入ってきたということ。よく準備してきたんだと思う。内容そのものもよくなっている。去年はバランスを欠いたけどフォームを戻し球の強くなった」と先発として期待。

 笠井については「144から146キロがずっと出ていた。非常に安定した投手。ここから150キロまで上げてくると思う。低めに投げられるし十分にチャンスはある」と中継ぎとしての飛躍を願っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000080-sph-base
 クマはもう148出してたらしい




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1600090

1: 風吹けば名無し 2018/01/12(金) 13:24:03.17 ID:XXlT0oEd0
DeNA Sports@dena_sports
【公式発表】笠井嵩正選手が育成契約から支配下選手契約に!
背番号も105から94に変更になると発表されました!

続きを読む









このページのトップヘ