De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 浜口遥大(濵口遥大)

このエントリーをはてなブックマークに追加
26

409: 風吹けば名無し 19/10/01(火)19:02:48 ID:t9.by.L17
【DeNA】浜口が紅白戦で2回4失点 CS第1Sでの復活登板は見送りか
 右股関節を痛めてシーズン終盤は戦列を離れていたDeNAの浜口遥大投手(24)が1日、横浜スタジアムで行われた紅白戦で先発。ポストシーズンでの本格復帰を目指してのテスト登板だったが、2回7安打4失点と打ち込まれ、5日から阪神と戦う第1Sでの登板は厳しくなった。

 阪神とはプロ入り3年間で6勝3敗と相性がいいだけに、“秘密兵器”の期待もかかる左腕。「(CSへの)アピールの場ととらえていた」と、気合を入れてマウンドに上がったが、初回に四球と2本の安打で1点を失うと、2回には5安打に自身の失策もからんで3失点と結果を残すことはできなかった。

 降板後は「すべてのボールの精度がよくなかった。コンビネーションも使えなかった。ちょっと悔しい」と浮かない表情。復活へ暗雲が立ちこめる内容に「やることをやって、あとは(1軍に)呼ばれるかどうか」と、トーンは上がらなかった。

 ラミレス監督も「スピードもあまり出ていないし、精度もよくなくて球数が多かった。もう少し時間が必要かな」と、第1Sでの投入には消極的だった。

濱口2回4失点

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


1: 風吹けば名無し 2019/09/24(火) 08:35:27.43 ID:sO5/WtVh0
DeNA・浜口、CS出場へ ファーストステージでの登板も 
 けがで離脱中のDeNA・浜口遥大投手(24)がクライマックスシリーズ(CS)出場できる見込みであることが23日、分かった。 

 8月30日の広島戦で右股関節を痛め、同31日から離脱していたが、9月21日に本格的なブルペン投球を再開し、「もう痛みはないです」と明るい表情。9月27-29日のイースタン・リーグ最終カードとなる西武3連戦(横須賀)での登板が濃厚だ。 

 「早く投げたい気持ちはある。チームの迷惑をかけて申し訳ない。力になれない悔しさがあります」。経過が順調なら10月5日に始まるCSファーストステージでの登板が可能になる。 

 また、8月23日の巨人戦に8回1失点で4勝目を挙げたが、登板後に左肘の張りで戦列を離れた東も「日によって痛みが出たり、出なかったりだったけど、最近は痛みがない」と笑顔。キャッチボールの強度も上がってきており、「CSを目指す気持ちはもちろんあります」と意欲を示し、10月9日に始まる巨人とのCSファイナルステージでの復帰を目指している。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
26


1: 風吹けば名無し 2019/09/23(月) 01:41:34.27 ID:a2tPN2C80
DeNA・浜口がブルペン投球再開「痛みはない」
 右股関節を痛めて8月31日からファームでの調整が続いているDeNA・浜口遥大投手が9月21日に神奈川・横須賀市のファーム施設でブルペン投球を行った。

 離脱後初めて捕手を座らせて約30球を投げ終えると「もう痛みはないです。早く(1軍で)投げたいです」と明るい表情をみせた。 先発投手陣に疲れが見えだしているなか、浜口の復調は朗報。「僕はシーズン終われないと思っています。呼んでもらえるような準備をしたい」と力強かった。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
26

343: 風吹けば名無し 19/08/30(金)19:39:17 ID:iv.er.L12


345: 風吹けば名無し 19/08/30(金)19:39:27 ID:1Q.xq.L8
>>343
うわぁ

346: 風吹けば名無し 19/08/30(金)19:39:45 ID:JL.ft.L12
>>343
あっ…

347: 風吹けば名無し 19/08/30(金)19:39:52 ID:AI.7y.L9
>>343
まーた違和感か

352: 風吹けば名無し 19/08/30(金)19:40:12 ID:9Q.un.L16
>>343
股関節…ダメ見たいですね

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
          

1: 風吹けば名無し 2019/08/20(火) 22:52:49.67 ID:dKQ+OyNV0
【DeNA】申告敬遠で満塁から押し出し決勝点献上 ラミレス監督「リスクをおかしてでも」
  ラミレス監督が「ターニングポイント」と振り返ったのは5回。無死二、三塁から浜口が2死までこぎつけ、近本を申告敬遠。次打者の木浪に押し出しで先制を許した場面だった。

 浜口は制球力が決していい方ではない投手。押し出しのリスクはあった。指揮官は「近本はウチの左投手から5割以上打っていて一時期は8割を超えていた。(1、2打席目は)2打席出ていなかったがそろそろ出るのではと。 
近本に打たれて2点以上取られるよりは(押し出しの)リスクをおかして歩かせた方がいいと思った。あの押し出しで試合の流れが決まってしまって阪神が勝った。ターニングポイントだった」 

続きを読む