De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 田中浩康

このエントリーをはてなブックマークに追加
2Uxto0P

1: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:38:25.26 ID:PReQtSq/0
他に思い付かないし

2: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:39:12.89 ID:ExEPHkH7a
相川!相川!

3: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:39:15.99 ID:o2mu7vG/0
まず監督がさ

4: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:39:27.20 ID:2sDfdFrI0
やたろう

6: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:39:54.51 ID:9WY3rRE50
ラ ミ レ ス

7: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:41:01.39 ID:/eBQQ2BC0
相川って毎回忘れられるよな

8: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:42:09.69 ID:ZyWb7Jdb0
でも少ないよな 

中日横浜多い 
ヤクルトソフバン多い

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

702: 名無しさん@おーぷん 2018/01/30(火)15:36:47 ID:o5A
DeNA・ウィーランド、燕復帰の青木を「対戦したら毎回三振」

 DeNAのジョー・ウィーランド投手(28)が30日、7年ぶりにヤクルトに復帰することが確実になった青木宣親外野手(36)との再会を喜んだ。

 2016年に在籍したマリナーズ時代のチームメートで、日本でプレーするか迷っていた際には青木からアドバイスを聞いていたという。


 「ノリは本当にいいやつ。相手投手に多くの球数を投げさせて失投を見逃さない、いい打者だよ」とウィーランド。公式戦で青木が内野安打の判定をめぐり退場になった時のことが思い出深いといい、「普段は紳士的で物静かなノリが、熱くなって“悪い言葉”を使ってたからね」とニヤリと振り返った。

 同じセ・リーグで、3月30日からの開幕カードではいきなり“対決”する可能性もある。「顔を合わせるのが本当に楽しみ。対戦したら毎回三振を取ろうと思います」と笑顔を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000540-sanspo-base
DeNA・田中浩、青木の燕復帰に怪気炎「7番より23番の方がいい」

 DeNA・田中浩康内野手(35)が30日、“兄貴分”青木宣親外野手(36)のヤクルト復帰に怪気炎を上げた。

 青木は早大の1学年先輩で、ヤクルト時代から親交が深い。「ノリはブルワーズ時代の(背番号)7番より23番の方がいいんじゃないですかね」とライバルチームとなる先輩をあえて愛称で呼び親しみを示した。

 今オフはみっちりとトレーニングを積む一方、自身の打撃フォームを動画撮影して解析し、より理にかなった新打法の開発に取り組むなど充実の時を過ごした。キャンプ2軍スタートながら、「希望に満ちた状態でキャンプインを迎えることができた」と充実。勝負をかけるプロ14年目のシーズンへ万全で挑む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000539-sanspo-base
 ピロはコメント出すとは思ってたやけど、ウィーランドも青木と面識あったんやなって…




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 11:00:13.50 ID:M7wzKTe00





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-11-25 17-33-50-339

465: 風吹けば名無し 2017/11/30(木) 21:10:46.23 ID:juQD0kL80
DeNA・田中浩、金額は合意も保留「球団の方針を確認」

 DeNA・田中浩康内野手(35)が30日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉にのぞみ、提示を保留した。「金額は合意しています。球団の方針を確認したりコミュニケーションをとっている」と田中浩。ヤクルトを戦力外となり移籍した今季は、66試合に出場し打率・201。通算1000本安打、歴代5位となる通算300犠打も達成した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000595-sanspo-base

続きを読む









このページのトップヘ