De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 横浜スタジアム

このエントリーをはてなブックマークに追加
387: 名無しさん@おーぷん 2018/03/29(木)13:43:11 ID:kKk
レモン丸ごと1個の生果汁入り、球団オリジナル「LEMON SOUR」登場!

no title

 野球観戦がさらに楽しくなる球団オリジナル飲食として、レモン丸ごと1個の生果汁が入った、レモンの風味が非常に強い、球団オリジナルの「LEMON SOUR」を3月30日(金)より発売します!

 お客様への提供直前にレモンを絞ることで香りがフレッシュになっており、爽やかな酸味が特徴です。これまでの球団オリジナル醸造ビールに加えて、ビールの苦手な方にも楽しんでいただける新たなオリジナル飲料となります。ぜひご賞味ください!

 

http://www.baystars.co.jp/news/2018/03/0329_04.php
 ビールに続く新しいアルコール飲料きた



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DZXKevjVMAA4hDN
DZXKevMUMAEtxB0


1: 風吹けば名無し 2018/03/28(水) 17:07:21.27 ID:tyHkkz3x0


DeNA ハマスタ新作スイーツ発表「フルーツドッグ」も

 アルコールが飲めないファン、子供たちにもハマスタグルメを楽しんでもらうことをコンセプトに、季節のフルーツを乗せた「フルーツドッグ」(450円・税込み)、若手選手寮の「青星寮」で選手が実際に食べるフルーツヨーグルトをベースにした「青星寮フルーツボウル」(400円・税込み)などが新メニューとなった。

 「フルーツドッグ」を試食した倉本は「生クリームがいいですね。小さいお子さんに、試合を見ながら食べてもらいたい」と絶賛。山崎は「青星寮フルーツボウル」を試食して「シリアルの食感がアクセントになっていて、甘すぎずにみんなが楽しめる」と感想を口にしていた。

 新作スイーツは、3月30日の開幕戦の三回表から、スタジアムコンコース内の売店で販売される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000109-dal-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
9bd25639ce848ac50638ce3590fa5e61

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/27(火)22:36:26 ID:Jgo
1 中 エキサイティング/BOX/ツイン・トリプル シート設置(2013)

2 遊 グッズショップ設置・拡張(2012,2015,2017)

3 左 横浜スタジアム買収(2016)

4 一 6000席増築(2017~2020)

5 三 コンコース/トイレ改修・増設(2013)

6 捕 ベースボールモニターBOX/リビングBOX シート、プレミアムテラス、スカイバーカウンター設置(2015)

7 右 選手ロッカー改修(2013)

8 投 ハマスタBAYビアガーデン実施(2012~)

9 二 スコアボード改修(2013)


控え
当日券売り場移設(2012)
個室観戦ルーム設置(2013)
自由席廃止(2014)
パーティースカイデッキ設置(2014)
フォトスポット「DREAM GATE」設置(2015)
平日朝外野グラウンド開放(2016~)
シートカラー変更(2016~2018)
PLAY☆LAND設置(2017)
ダグアウト拡充(2018)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DZRtRrUVwAAquKb


1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/27(火)16:59:08 ID:ebI





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DXLMh0xVQAAloaC

1: 風吹けば名無し 2018/03/08(木) 16:15:13.99 ID:YBPBIn9Q0
転がり変わる?DeNA今永が本拠地の人工芝を語る

 DeNAの先発投手陣が8日、横浜スタジアムで練習を行った。

 今季から張り替えた人工芝の感触を確かめるなど、冷たい雨が降りしきる中で精力的に動いた。

 侍ジャパンで好投した今永昇太投手(24)は、強めのキャッチボールなどで調整。「芝が寝ていないので、ゴロの転がりなどが変わってくる。セーフティーバントの打球が跳ねなかったり、内野安打が増えてきたり。自分たちのホームで苦労するわけにはいかない。チャージ、カバーをしっかりしなくてはいけない」と引き締めた。

 ドラフト1位の東克樹投手(22=立命大)とっては、本拠地で初めての練習になった。「すがすがしい気持ち。高揚感に満ちあふれていた。外野からマウンドを見て、お客さんの姿とかを想像したりして。『投げてみたい』と思いました」と初々しく話した。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803080000402.html

続きを読む









このページのトップヘ