De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 古村徹

このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2018/11/26(月) 16:51:26.05 ID:SzNDHjWI0



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/11/20(火) 13:05:52.40 ID:xikrYz/c6HAPPY
古村徹選手 獲得のお知らせ

181120_06_01

横浜DeNAベイスターズは、古村徹選手(前・富山GRNサンダーバーズ)と、2019年シーズンの選手契約を結ぶことで合意いたしましたのでお知らせいたします。 なお、背番号については、決まり次第別途お知らせいたします。

http://www.baystars.co.jp/news/2018/11/1120_06.php
中井大介選手 獲得のお知らせ

181120_05_01

横浜DeNAベイスターズは、中井大介選手(元読売ジャイアンツ)と、2019年シーズンの選手契約を結ぶことで合意いたしましたのでお知らせいたします。 なお、背番号については、決まり次第別途お知らせいたします。 

http://www.baystars.co.jp/news/2018/11/1120_05.php



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
623abbb0

1: 風吹けば名無し 2018/11/14(水) 23:05:42.25 ID:K34JdLae0


ベイ、茅ケ崎西浜高出身・古村を再獲得へ 前巨人・中井も


 横浜DeNAベイスターズが球団OBでBCリーグ富山の古村徹投手(25)と、巨人を戦力外となった中井大介内野手(28)を獲得する方針であることが分かった。三原一晃球団代表(50)が「古村は退団後にレベルアップしたし、中井は複数ポジションを守れることが強み」と両選手と支配下契約を結ぶ方針を示した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00031061-kana-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
l4ySvM8A_400x400

1: 風吹けば名無し 2018/11/14(水)08:57:32 ID:X4X
【合同トライアウト】DeNA、元巨人・中井大介を獲得へ

 プロ野球で戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウトが13日、福岡・タマホームスタジアム筑後で行われ、48選手が参加した。前巨人・中井大介内野手(28)が前ヤクルト・成瀬から右中間二塁打を放つなど3打数1安打2四球とアピール。内、外野を守れパンチ力も健在の28歳にDeNAが獲得する方針を固めたことが分かった。

 DeNAが補強ポイントのひとつである右打ち野手の獲得を決めた。今オフ、後藤、田中浩が引退。二塁手は柴田、石川、倉本ら左打者が多く1軍の外野手も右打ちが少ないのが現状だ。主な右の代打も中川大だけにユーティリティーで打力もある中井に白羽の矢が立った模様だ。

 中井は11年目の今季こそ70試合で打率1割8分6厘、1本塁打、6打点に終わったが15年には「4番」も務めた。DeNAの編成担当が見守ったトライアウトではヤクルト・成瀬から右中間二塁打など1安打2四球。「対戦したこともあるのでイメージできた。これから先は自分の力ではどうにもできない。いい話を待ちたい」と話していたが、DeNAが近日中にも正式オファーする見込みだ。

 また、12年から3年間在籍していたBC富山・古村徹投手(25)を再獲得する方針も固めた。当時1軍登板はなかったが今年150キロをマークするなど実力が開花。中継ぎ左腕が戦力外から来季5年ぶりの古巣復帰となれば球界では異例だ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000291-sph-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
624423c8

1: 風吹けば名無し 2018/09/30(日) 07:33:22.95 ID:TLngmMjt0
【DeNA】150キロ左腕・古村を再獲得へ…14年オフ戦力外もBC富山で実力開花

 DeNAが“出戻り150キロ左腕”の獲得を検討していることが29日、分かった。12年から3年間DeNAに在籍したBC富山・古村徹投手(24)は当時1軍登板なし。球団スタッフに転身後、BCリーグで現役復帰して実力が開花。今季、150キロもマークした中継ぎ左腕が古巣復帰すれば球界でも異例だ。

 古村は横須賀市内の2軍施設で入団テストを受けた。室内で非公開のシート打撃に登板。直球、スライダー、カットボールに成長を見せた。当時は故障もあり最速138キロだったが、10キロ以上球速を上げ「伸びしろを信じて3年間練習してきた。1軍でやって初めてプロ野球選手」とNPB復帰へ意欲を見せた。合否は出ていないが、高田GMは「体つきも全然違う。検討します」と話した。古村には他球団も興味を示している。

引用元:https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180929-OHT1T50299.html

続きを読む