De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 今永昇太

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/01/15(水) 07:49:47.94 ID:jme57c/sd


 DeNAの今永昇太投手(26)が14日、母校・駒大での自主トレを公開し、“骨投球”でセ・リーグでは2003年の阪神・井川以来となる20勝左腕を目指すことを誓った。昨季、自己最多の13勝をマークした左腕は、さらなる進化を遂げるために聞き慣れない言葉を口にした。

 「筋肉ではなく骨を使うことを投球ではテーマとしてやっていこうかなと思っている。筋肉を全く意識せず、骨の関節の動きだけで投げているような。骨の長さは変わらないですし、それ(投げ方)が一定すれば再現性も高まる」

 “骨投球”に行き着いたのは「筋肉は骨の上についている。骨は力みようがないし、骨や関節を意識しながら動かせば体の内側から使える」という発想から。投球の中で一番意識するのは右足首を固定して垂直に上げること。そうすることで股関節や膝の位置も決まり「筋肉を使わないで骨でグッといける」と自然と力をボールに伝えることができるという。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/01/14(火) 17:27:40.90 ID:34tt9Fgrd

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-24 13-17-24-961

1: 風吹けば名無し 2020/01/01(水) 09:26:58.38 ID:INcXEOw1d


 DeNA・今永昇太投手(26)が31日、今季はチームの“アドバイザー”を務める考えを明かした。

 「チームを背負っていかないといけない立場。もっともっと、仲間を引っ張っていきたい」

 昨季は初の開幕投手を務め、チームトップの13勝を記録。昨年11月のプレミア12でも先発の一角として日本の初優勝に貢献した。主将だった筒香嘉智は米大リーグ、レイズに移籍。2020年はチームの柱になる覚悟で、まず頭に浮かんだのが同僚への積極的なアドバイスだ。

 「(4勝11敗だった18年は)自分が思うようにいかなかったので、打たれた投手や感覚がよくない投手に対して、いろいろな話ができる。僕が経験したことを、若手にアドバイスできれば」

 野手にも、投手目線で助言を送る考えを示した。「僕が対戦するなら、こういう球は投げないよねとか」。東京五輪の出場も有力。1998年以来の優勝を目指すチームの先頭を突っ走る。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
images


1: 風吹けば名無し 19/12/30(月)13:13:10 ID:e60
台湾戦(2017)
6回0失点 23人 3安打 12K 1死球

豪州戦(2018)
2回0失点 9人 1安打 4K 1四球

メキシ(2019)
2回0失点 7人 1安打 4K

カナダ(2019)
3回0失点 10人 1安打 6K

台湾戦(2019)
3回0失点 14人 4安打 4K

メキシ(2019)
6回1失点 20人 1安打 8K 1四球

24回(6試合) 防御率0.41 被打率.138 WHIP 0.54

奪三振率14.25 K/BB 19.00 FIP 0.87

続きを読む