De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 今永昇太

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


1: 風吹けば名無し 2019/02/18(月)07:07:52 ID:gqK
DeNA・今永、G斬り2回ノーヒッ投!自身初の開幕投手に名乗り
 
 DeNA・今永昇太投手(25)が17日、巨人との練習試合(沖縄セルラー)に四回から2番手で登板し、2回を1四球のみの無安打無失点に抑えた。最速149キロを計測し、自身初となる開幕投手に向けて、4年目左腕が強烈なアピールに成功した。また、巨人・吉川尚輝内野手(24)は「1番・二塁」で先発出場し、2安打をマーク。3安打した前日に続いてリードオフマンとして存在感を示した。試合は3-1でDeNAが勝った。


 昨季新人王の東が故障で出遅れ、今永の出来はチームの順位を大きく左右する。「もう一度、ローテ争いに入っていくという気持ち。言える立場ではないけど、その中に開幕投手もある」。2017年に11勝を挙げた左腕が、4年目で初の大役も視野にアピールを続ける。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000001-sanspo-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

1: 風吹けば名無し 2019/02/11(月)19:34:58 ID:QhC
ラミレス監督 侍・稲葉監督に「今永はベストコンディション」と推薦

 DeNA・ラミレス監督(44)が11日、沖縄・宜野湾キャンプを訪問した侍ジャパン・稲葉監督と話した内容について明かした。

 会話の内容は主に所属選手の現在の状態の確認。昨年、侍ジャパンに招集された浜口やドラフト1位ルーキーの上茶谷=東洋大=に名前を挙げ説明していた。指揮官は「(稲葉監督から)今永がいいみたいですね? と聞かれたのでベストコンディションですよと伝えたよ」と明かしていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000166-sph-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日)20:33:49 ID:LTv
DeNA今永が雄星化!テークバックの左手位置調整

DeNA今永が雄星化!テークバックの左手位置調整

 今永の“雄星化”が、着実に進んでいる。テークバック時の左手の位置に、意識を置いている。「体の横にストンと落とすイメージ。菊池雄星さんみたいなテークバック。左手の位置が体側(身体の側面)から出るように。体の内側に入り過ぎないように。リリースは安定している。あとはフォームだけ」。自身のルーキー時代の投法に近い姿へ、調整に余念がない。

 昨季は開幕前に左肩の違和感を発症。その影響もあり4勝(11敗)にとどまった。今季は開幕投手筆頭候補の東が左肘違和感で2軍調整中。今永は「先輩として恥ずかしい姿は見せられない」と4年目へかける思いは強い。西武のエースとして君臨し、海を渡ったマリナーズ菊池のような、圧倒的な左腕となる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00477716-nksports-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1500061_detail

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 16:45:48.91 ID:ep/uKUcy0
DeNA・今永 フリー打撃に初登板 最速146キロ、復活へ順調

 DeNAの今永が10日、沖縄・宜野湾キャンプでフリー打撃に初登板。打者2人を相手に41球を投げ、安打性の当たりを3本に抑えた。
 
 宮本には安打性はなし。桑原には20球を投げ、安打性3本で2本の柵越えを浴び「リラックスすることを心掛けていたが、マウンドに立つと多少力みがあった。1軍レベルでは力みがあると打たれる」と反省を交えて振り返った。

 それでも直球は早くも最速で146キロをマーク。カーブで空振りを奪う場面もあった。昨季は4勝11敗と低迷した4年目左腕。復活に向け、順調な調整ぶりをみせた。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/10/kiji/20190210s00001173183000c.html

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1500061_detail

1: 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 21:01:01.34 ID:GXkIbxSz0
DeNA今永、順調な調整に手応え「去年と違う直球」

 昨季は4勝11敗に終わったDeNAの今永が、順調な調整を続けている。2度目のブルペン入りで直球のみを52球。伸びのある球で捕手のミットを鳴らし、「去年と違う直球が投げられている」と手応えを語った。

 「140キロの(球を投げそうな)フォームで、140キロを投げていた」という昨季の反省から、力感のないフォームで球速以上に速く感じさせることを求める。「やりたいことができている」。明るい表情に完全復活の予感も漂う

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000058-mai-base 

続きを読む