De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 谷繁元信

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/09/12(水) 15:52:50.44 ID:MYOj0Beg0
 

 「うぅ~ん……」

 現在リーグ5位の横浜DeNAが、クライマックスシリーズ進出の扉を“こじ開ける”ために必要なことは? という質問を投げかけると、少し長い間を経て、野球解説者の谷繁元信氏(47)が重い口を開いた。

 「個々の役割、パフォーマンスを、その場その場で最大限発揮する。それしかないですね」

 チームにおける個々の役割について考えると、8月12日に行われた対阪神17回戦、2死満塁の場面で11球粘った末に12球目を見送って値千金の「押し出し四球」を選んだ石川雄洋内野手(32)のことを思い出す。チームはその四球で2対2の同点に追いつくと、その後に10点を奪って12対5で逆転勝ちを収めた。

 今季の打撃に関してはチーム方針として「初球からの積極性」が求められており、その結果として、「淡白で空回りする」攻撃が目立った時期もあったことは事実。それだけに、この“執念の粘り”はファンの脳裏に深く刻まれた。

 そのことについて谷繁氏は、次のように考えを語った。

 「私が見る限り、ファースト・ストライクから打っていけという指示は、未だに続いています。選手はその方針に従うしかありませんが、その中でできること、やるべきことがあるのも事実です。好球必打といっても、全ての打球が前に飛ぶわけではない。その時に、粘る、投げさせる、選ぶといったことも、試合の中では重要になるわけです。残り試合、残りゲーム差を考えた時、クライマックスシリーズ進出を勝ち取るためには、より大きな意味を持ってきます。ただ、その辺がね……」

 11日に行われた対広島19回戦は、ソトの30号2ランの他、スタメン起用に応えた細川、主軸・ロペスのタイムリーなどで効果的に得点を加えて5対4で勝利した。また出塁率.358の宮崎を2番に固定した8月26日以降、11試合で6勝と勝率は5割を超えている。そしてついに、3位巨人とのゲーム差は「3」に縮まった。

 「ヒットを打つだけが出塁じゃない」と谷繁氏が指摘するように、残り21試合となった今、個人の役割、チームの結束がより強く求められている。

https://abematimes.com/posts/4868178

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
715D6169_0507154555
1: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 01:06:51.31 ID:zxdwJGG20
谷繁

横浜のこの落ち方というのは何か原因がある
去年日本シリーズにいったという達成感とかね
僕らも98年優勝した翌年のスタートはすごく悪かった。
どこかで気の緩みが出てくる
だから連覇って難しいんですね



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DhBr-a4V4AARgWm

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/04(水)12:39:53 ID:XjJ
「このままでは中継ぎ陣が潰れる」谷繁氏 横浜DeNAに「中継ぎローテーション」を提言

 「このままでは中継ぎ陣が潰れる」

 この状況を以前から心配していた人物がいる。98年の日本一を捕手として牽引したOBで、現在は野球解説者を務める谷繁元信氏だ。

 「ラミレス監督の方針であり、早めの継投策が悪いということではない」と前置きをした谷繁氏は、捕手、監督経験を踏まえて次のように持論を述べ、チームに提言をした。

 「今シーズンの先発陣の状況や球数を考慮すれば、中6日ではなく、中5日でフルに稼働してもらえばいい。このまま中継ぎ陣を酷使すれば“しわ寄せ”によって潰れるのは必至。この状況を回避するために中継ぎを二手に分け、ローテーションを組めばいいんです。球数やイニングなどを勘案しながら、多くても3連投まで。4日目はブルペンでも完全ノースローを約束事としながら疲労度合をコントロールしていく。でなければ、シーズン後半を戦えなくなる」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00010002-abema-base

続きを読む