De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ: 侍ジャパン

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/02/23(金) 05:41:45.60 ID:w3Q7lUe90
侍・伊東強化副本部長 DeNA今永は「東京五輪左のエース」

20180223-00000073-spnannex-000-0-view

 DeNAの今永がフリー打撃に登板し、柴田と細川を相手に計44球を投げ、安打性1本に抑えた。4回を投げた20日の練習試合から中1日で志願の登板。同じ左腕の石田、浜口と、自身初となる開幕投手を争っている3年目の24歳は直球にスライダーや新球パワーカーブも織り交ぜ「自分の中で凄く良かった」と手応えを口にした。

 3月3、4日にオーストラリアと強化試合を行う侍ジャパンのメンバーに選出されている。視察に訪れた伊東勤強化副本部長(本紙評論家)は「切れがあって、内外のコースにしっかり投げ込める。腕の振りがコンパクトなので打者は球速以上に速く感じる」と直球を絶賛。その上で「20年の東京五輪では左のエースになれる」と太鼓判を押した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000073-spnannex-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 08:34:17.34 ID:vCvY8EUQF
稲葉監督「相手は嫌だと」1番柳田3番筒香をテスト

201802210000093-nsogp_0

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が20日、那覇市内で会見を行い、オーストラリア代表と対戦する「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」(3月3日・ナゴヤドーム、同4日・京セラドーム大阪)に出場する28選手を発表した。


 稲葉監督が1番ソフトバンク柳田、3番DeNA筒香の可能性を示した。「(柳田は)1番であれだけフルスイングしたら相手は嫌だと思う。(筒香は)1試合は4番。DeNAでは3番を打っている」と「3番筒香」も試す予定だ。楽天則本は「今回は先発」と、ソフトバンク千賀とともに先発を任せる考えだ。楽天高梨、日本ハム堀ら中継ぎ左腕を招集するなど左腕は計6人。「アジアには左の強打者が多い」と国際大会の適性を見極めていく。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201802210000093.html

13: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 08:36:57.30 ID:ohAyJk/Sa
1番柳田 
2番坂本 
3番筒香 


強い

39: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 08:43:04.04 ID:GNQvwf0h0
一番柳田 
二番秋山 
三番筒香 

みたい

18: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 08:38:26.93 ID:vViw3mVl0
ほーんええやん 
1番~3番に一番いい打者固めるのが効率的やで

20: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 08:39:14.40 ID:Id5GdgeI0
これは有能

34: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 08:42:09.78 ID:hlCYZQLp0
ええやん!

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ogp5




558: 名無しさん@おーぷん 2018/02/20(火)17:11:56 ID:3Su
予想通り筒香ヤマヤス今永濱口やね

おめでとうやで



180220_02_03

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 06:13:54.83 ID:EIasPmad0
【侍ジャパン】稲葉監督、東京五輪へ「4番・筒香」

20180123-00000212-sph-000-2-view

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が自身初のフル代表戦となる「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」のオーストラリア戦(3月3日・ナゴヤD、4日・京セラD)の1次メンバー6人を発表した。攻守の要として、DeNA・筒香嘉智外野手(26)を昨年のWBCに続く4番に指名し、ソフトバンク・甲斐拓也捕手(25)には正捕手への成長を期待。残りの22人を2月中旬に選び、20年東京五輪へ新たな船出を切る。

 2年後の東京で悲願の金メダルをつかむため、初のフル代表を率いる指揮官は「私自身、わくわくして、身が引き締まる思い」。稲葉ジャパンの顔となり得る6人の侍を読み上げた。

 「スピードとパワーの融合」。目指す野球の申し子として打線の真ん中に据えるのは、筒香だ。昨年打撃コーチを務めたWBCでも、全試合4番を託した。「今、球界全体を見回しても、本当の4番打者が見当たらない中で、筒香選手が4番を打つ可能性は非常に高い。東京五輪では、クリーンアップを打ってほしいという思いが強い」。2年先を見越し、主砲を託し続ける。

 守りの中心を担うのは甲斐だ。昨年11月に制した初陣のアジアプロ野球チャンピンシップでは、24歳以下の世代別代表でオーバーエージ3枠の一角を占めた。「守備に非常に魅力的ものがあります。ぜひジャパンの正捕手になってもらいたい」と扇の要を任せる。 

 投の柱には2人を指名。DeNA・山崎康は昨年のU―24代表で「抑えとして、しっかりやってくれた」。昨年のWBCで侍唯一のオールスターに選ばれたソフトバンク・千賀には「落ちる球が有効で、彼独特。絶対に必要になってくる」と期待した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000212-sph-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DUNgCNAUQAAT33B

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/23(火)16:41:35 ID:vC4

続きを読む









このページのトップヘ