De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ: 侍ジャパン

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題



86: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:05.92 ID:Th9VfRU60
今永山崎はメチャクチャ活躍したやろ

87: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:09.26 ID:rO7KU6BK0
実質横浜の優勝なんだ(*^○^*)

90: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:22.18 ID:gz2jycCar
ホッとした 

とにかくホッとした

91: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:25.09 ID:ogWQdlso0
プレミア球だとめちゃくちゃ安定してるな

92: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:28.65 ID:TPNR+t4S0
ようやった

96: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:40.58 ID:f/qZ59yO0
ビジターで投げるのは安心ですね

113: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:05:07.86 ID:AF01UV0y0
>>96 
オリンピックが本拠地ハマスタ開催っていうね…

98: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:49.79 ID:rnL7AF6Ap
no title

no title

no title


これはツーシーム投げ猫

157: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:07:42.85 ID:AlitvXvba
>>98 
恒例のツーシーム投げアキやぞ

162: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:08:03.28 ID:TPNR+t4S0
>>98 
こういうのでいいんだよ

164: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:08:05.13 ID:R0QPrF+D0
>>98 

99: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 22:04:52.68 ID:D3RT+ig5a
今永が8回まで投げて山崎が抑えれば毎回勝てるのでは…?

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mainvisual_20190722_sp

【スタメン】
日本
1(一)山田哲人
2(遊)坂本勇人
3(中)丸佳浩
4(右)鈴木誠也
5(指)浅村栄斗
6(三)外崎修汰
7(左)近藤健介
8(捕)會澤翼
9(二)菊池涼介

投手 山口俊

韓国
1(中)イ・ジョンフ
2(遊)キム・ハソン
3(指)キム・ジェファン
4(一)パク・ビョンホ
5(左)キム・ヒョンス
6(捕)ヤン・ウイジ
7(右)ミン・ビョンホン
8(三)ホ・ギョンミン
9(二)キム・サンス

投手 ヤン・ヒョンジョン


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mainvisual_20190722_sp

【スタメン】
日本
1(一)山田哲人
2(遊)坂本勇人
3(中)丸佳浩
4(右)鈴木誠也
5(指)浅村栄斗
6(左)吉田正尚
7(三)松田宣浩
8(捕)會澤翼
9(二)菊池涼介

投手 岸孝之

韓国
1(二)パク・ミンウ
2(中)パク・クォンウ
3(左)キム・ジェファン
4(指)パク・ビョンホ
5(三)チェ・ジョン
6(右)カン・ベクホ
7(一)ファン・ジェギュン
8(捕)パク・セヒョク
9(遊)キム・サンス

投手 イ・スンホ


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-13 20-48-33-050

1: 風吹けば名無し 2019/11/14(木) 07:09:23.13 ID:d8N0xmPb0


侍ジャパンは13日、「プレミア12」スーパーラウンド第3戦・メキシコ戦に3-1で勝利。先発の今永昇太(DeNA)が6回を1安打1失点に抑える快投で、チームを勝利に導いた。 

 立ち上がりから変化球を主体にメキシコ打線を翻弄した今永は、初回の投球に関して「先頭だけ何でいくか話し合って、僕がジョーンズ選手に対して速球系はちょっと怖かったのでカーブから入った。その後はカーブの状態もよかったので、会沢さんが見極めてくれた」と、女房役の好リードに感謝。「カットよりカーブがいいというのは初回に感じとってくれたと思う」と、会沢の配球が自身の良さを引き出したことを強調した。 

 その後も右打者に対して見せる“伝家の宝刀”チェンジアップを左打者にも有効活用。今永は「スライダーに見えてスライダーじゃない変化をしてくれるので、ボテボテのゴロになった。そういう視点がすごく良かった」と、機転の利いたリードを振り返った。 

 また「相手のバッティングカウントでチェンジアップだったり緩い球を使えた。逆に相手が真っ直ぐを待っていないところでガンガンいけた」と、駆け引きでメキシコ打線を封じ、「こういうピッチングもできれば自分自身の新たなパターンにできる」と、普段はライバルでもある会沢との化学反応に手応え感じた様子だった。 

 決勝戦・3位決定戦まで進めば中2日での大一番となるが、今後の登板予定については「(首脳陣と)まだ話してない」とのこと。この日の球数を考えれば登板機会が訪れることはないだろう。それでも、「言われたときに行ける準備をしたい」と世界一へ向けて、ブルペン待機も辞さない姿勢だ。



続きを読む