De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 山﨑康晃

このエントリーをはてなブックマークに追加
EHdhQZQU4AA66-g

1: 風吹けば名無し 2019/10/22(火) 22:03:55.47 ID:BkAhj2L/0


 稲葉篤紀監督(47)が、セットアッパーをオリックス山本由伸投手(21)抑えをDeNA山崎康晃投手(27)に任せると明言した。守護神候補の楽天松井裕樹投手(23)の離脱を受け、不安視されていたブルペンの軸が早急に確立した。

   ◇  ◇   ◇

 初陣を控えた侍ジャパンが「勝利の方程式」を確立した。強化合宿初日。稲葉監督が、投手陣の役割を決めた。「山本が後ろで7回、8回と。そして山崎が9回。そういうチーム状況になってきたので、練習試合から試していこうと思っている」と明かした。当初は状態のいい投手を見極めることで、抑えは流動的なプランだった。松井の離脱を受け、セットアッパーを山本、守護神を山崎に固定することが最善策と導き出した。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
DDZkMVcUQAAt0uS

1: 風吹けば名無し 2019/10/22(火) 20:49:31.87 ID:a1Sv3ytn0

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
EHXuUC4UEAAxYZI


1: 風吹けば名無し 19/10/21(月)14:21:29 ID:8jr

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-07 03-49-21-555

1: 風吹けば名無し 2019/10/07(月) 10:54:39.20 ID:2u9Dj/Dm0
山崎康晃はなぜ最後に内角直球なのか/佐々木主浩
<セ・CSファーストステージ:DeNA6-4阪神>◇第2戦◇6日◇横浜 

 DeNAはキーマンとなる投手、今永と山崎が点を取られた。だが2人ともその場で気持ちを切り替え、しっかりと同点で阪神の攻撃を食い止めた。そこは良かった。だから完全には相手に流れを渡さなかった。 

 ただ山崎が福留に打たれた同点本塁打は大問題だ。最後の最後になぜ内角の真っすぐなのか。思い切り引っ張られて本塁打を打たれるのは、守護神として一番やってはいけないこと。そのサインを出した捕手の嶺井、サインにうなずいた山崎には猛省してほしい。特に5年も抑えを任され、経験を積んできた山崎には「単なる間違いでした」では済ませてほしくない。

 1点差の場面では「仕方ない本塁打」と「やられてはいけない本塁打」がある。例えば、あの場面で外角直球や外角低めへ沈むツーシームを左翼席へ放り込まれたとしたら、だれも文句は言わない。なんとか本塁打を回避しようとしたが、相手の打撃の方が上回ったということだから。だが内角から甘く入った直球をフルスイングでスタンドに持っていかれるなんてことは絶対にあってはならない。

 ただ、あの1発を引きずることはないと思う。私も横浜でもマリナーズでも大事な場面で救援を失敗した経験があるが、特にこういったプレーオフの戦いでは、チームの勝敗がすべて。たとえ自分が打たれたとしても、試合に勝ちさえすれば気持ちも晴れるものだ。山崎もまた、3戦目に登板の機会があると思う。心機一転、ハマの守護神として良い投球を見せてほしい。(日刊スポーツ評論家)

続きを読む