De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ助っ人外国人選手 > アーロム・バルディリス

このエントリーをはてなブックマークに追加
dc6017c7-s

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 14:24:54.54
大怪我による手術、筒香との絆…元DeNA助っ人が激白「もう1度日本で野球を」

第2の故郷”日本でもう1度プレーしたい―、バルディリスが独占取材で胸中吐露

 年の瀬を迎え、各球団ともに来季への戦力が固まりつつある中、ある人物が日本球界復帰を目指し、熱い思いを吐露した。その人物とは、阪神、オリックス、DeNAなどで計8シーズンを過ごしたアーロム・バルディリス内野手。今季日本を離れ、韓国球界に移籍したバルディリスは、今、何を思うのだろうか――。


 8年を過ごした日本のことを「マイ・ホーム」と呼び、“第2の故郷”だと思うほどに愛着と心地よさを感じている。時間を忘れて野球談義に没頭できる仲間もいる。DeNAでチームメイトだった筒香嘉智とは、今でも週に1、2回は電話するほど仲がいい。話す時は「日本語と英語とスペイン語の3か国語がごちゃ混ぜ」と笑うが、実力を発揮しきれない苛立ちと少し心細さを感じていた韓国では、筒香と電話で野球の話をする時間に救われた。

日本球界復帰を熱望、将来は日本で引退→コーチ、監督の希望も
 「ツツゴウは僕の親友。僕の家族もみんな彼のことが大好きなんだ。横浜の時から、いつも一緒に野球の話ばかりしていた。あのピッチャーはこうだとか、ここに気を付けると打撃が安定するんじゃないか、とか。彼は日本のNO1バッター。これからもっともっといい打者になる。親友としても、野球人としても、どこまですごい打者になるのか楽しみだよ」

 切磋琢磨できる仲間のいる日本でもう一度プレーしたい。その思いが、今、復帰に向けてトレーニングに励むバルディリスの原動力になっている。

 「日本では両リーグでプレーしたし、ピッチャーやプレースタイルを熟知している自負がある。それは、日本で8年プレーした実績が証明してくれていると思うんだ。おそらく、手術をした影響を心配する人もいるだろう。だから、チャンスさえもらえれば、現時点でどれだけ動けるか、実際に確かめてもらう意味でも、公開練習をする用意もある。日本でプレーできるなら、もう1度チャンスを与えてもらえるなら、どの球団でも喜んで全力プレーを捧げるよ」

 年明け1月5日には34歳の誕生日を迎える。もし日本球界復帰が叶うなら、ゆくゆくは日本で現役生活を終え、コーチや監督になることも視野に入れているそうだ。

 「日本は自分がハッピーでいられる場所。そして、僕の家族もハッピーでいられる場所。また、日本のファンの前でプレーできる日が来ることを願っているよ」

引用元・全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00010007-fullcount-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dc6017c7-s



1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 07:36:50.30
韓国球界移籍してどうなったんや

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 07:38:54.66

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 07:40:03.74
バルディリスらしい数字やな

36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 07:55:01.31
打高の韓国で打ててないしもう駄目やな 
オリ最終年が最後の輝きだった

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 07:40:07.90
前聞いたときは1割だったけど上げたんやな
 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:06:50.66 
2_99_20160219092404

-サムスンキャンプに来て3週間以上過ごした。日本でプレーするときと雰囲気が違う。

「100%違う。サムスンでは選手たちが野球を楽しんでいる。日本の野球はルールが多い。だから、外国人選手の制約も多い。日本に行く外国人選手は適応が容易ではない。ここでは、外国人選手とのコミュニケーションを多くしてもいい。」

-監督は、三塁手守備について高く評価したが、打撃にも期待が大きい。
「多くの人が私の最後の2年間(横浜時代)の記録(2014年打率0.255・17本塁打・52打点、2015年打率0.258・13本塁打・56打点)を見て心配かもしれません、実際には精神的に大変だったのであった。精神的に、肉体的に問題がなければ大丈夫だと思う。」

-日本で精神的に大変だった部分が何だったのか。」
オリックスで4年間の選手生活をするときは良かったが、横浜では監督と打撃コーチが打撃フォームを多く変えとして良くない結果を生んだ。横浜では私の背中を支える選手もいなかった。しかし、以前の仕事はすぐに忘れ、新しいチームに合わせて最善をつくすことが重要である。」


http://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=382&aid=0000451188(原文)





4:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:08:34.91
えぇ・・・





7:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:09:37.62 
うせやろ?? 

打てないバルディリスを必死に応援してたわいは何やったんや?




24:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:13:08.64
横浜時代を早く忘れたいとか 

かなC




182:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:31:11.53
まあ表情が暗めだとは思ってた




34:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:15:00.52
ただチームメイト批判は嫌だなあ 

首脳陣に不満もってたのはなんとなく察するけど




56:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:18:52.75
外国人にすらいわれるのか




45:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/02/19(金) 13:17:24.97 
悲しいなあ…




続きを読む









このページのトップヘ