De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 大原慎司

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2017/12/17(日) 05:13:54.43 ID:wUCTyXFn0
den17121705020001-p1

 DeNAの砂田が16日、神奈川県横須賀市の2軍施設で行われた野球教室に参加し、来季への飛躍を誓った。秋田・明桜高から育成選手として入団。4年目の今季は62試合に登板して救援陣を支えた。「来季も最低60試合は投げる」と意欲的に話した。

 今季限りで現役を引退した大原慎司さんが持つ左腕の球団最多記録の71試合登板も視野に入る。球団職員として再出発した大原さんから「数字を抜いてくれたらうれしい」とエールを送られると「大原さんがやっていたように、困ったら砂田と言ってもらえるようになれば70試合も現実的になる」と笑顔で話した。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20171216/den17121618400002-n1.html
DeNA・砂田、“鉄腕化”宣言!左腕の球団記録71試合登板狙う

 DeNA・砂田毅樹投手(22)が16日、横須賀市のベイスターズ総合練習場で行われた「J:COM野球教室」に参加。支配下選手登録となり4年目を迎える来季へ『鉄腕化』を宣言した。

 「勝っても負けても、ロングでも…。“困ったら砂田だ”と監督から言ってもらえるようになりたい。そうすれば(登板)70試合も見えてくると思う」

 今季は、中継ぎとして62試合(1勝2敗25H)に登板。左のワンポイントとして存在感を示した。目指すは、今季限りで引退した大原慎司氏が持つ左腕の球団最多登板記録「71試合」超えだ。

 大原氏はこの日、球団職員として野球教室に参加。後輩の力強い言葉に「抜いてくれたらうれしいですね。(砂田は)打たれても引きずらないずぶとさがあって、リリーフに向いている」と太鼓判を押した。鉄腕化へ「調子の波をなくせるよう自己管理をしっかりしたい」と誓った砂田。22歳の若武者は獅子奮迅の意気込みだ。 

http://www.sanspo.com/baseball/news/20171217/den17121705020001-n1.html

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2017/12/07(木) 12:21:01.38 ID:3S7BzKTb0
【決断】DeNA大原 子供たちに伝える「野球の力って凄い」

20171207-00000091-spnannex-000-0-view

 「ホッとした」というのが率直な感情だった。9月下旬の横須賀市内のベイスターズ球場。戦力構想から外れたことを通告されたDeNA・大原慎司投手(32)は、冷静に状況を受け止めた。

 「言われたときは変な話、ホッとしたんです。もやもやが取れたというか…。クビを宣告されたら他に行くという選択肢はなかった。そんなに器用には生きられないと思っていましたから」

 7年目の今季は、プロ入りして初めて1軍に一度も呼ばれなかった。伏線は左肩を痛めた15年からあった。手術でなく、保存療法を選択したが「(球を)はじいている感覚も弱かったし、ミットに着くまでの軌道も全然違った」。自分の理想の球を投げられない。もがきながら3年間を過ごしたからこそ、決断に時間はかからない。家族と相談し、約1週間で引退を決めた。


 1年目の出会いが、プロ野球人生での礎となった。真っ先に新人左腕を、キャッチボールに誘ってくれたのが、同じ中継ぎ左腕の篠原だった。「競う立場だったが、キャッチボールをしようと声を掛けてくれた。状態の確認の仕方や投げ方を学ばせてもらった」。木塚1軍投手コーチには、宝刀のスライダーが捉えられることが多くなったシーズン中盤にツーシームを教えてもらった。「そこから投球の幅が広がった」と振り返る。

 くしくも、2人が1軍投手コーチを務めた今季限りで引退する。「しのさんときづさんの方から連絡を頂いた。“ありがとうな”と“もっとやってあげるべきことがあったかもしれない。すまない”という言葉をもらった」。2人との出会いがあったからこそ、今の自分がある。感謝の気持ちでいっぱいだ。

 今は球団の野球振興部に所属し、野球教室などを通して野球を広める仕事に就いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000091-spnannex-base


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
623abbb0

1: 風吹けば名無し 2017/10/02(月) 04:03:47.46
DeNA・高崎&大原、今季限りで現役引退

 DeNA・高崎健太郎投手(32)、大原慎司投手(32)が今季限りで現役を引退することが1日、分かった。

 2012年の開幕投手を務めた高崎は今季、中継ぎとして1試合に登板し、1回3失点の防御率27・00だった。また13、14年に2桁ホールドを挙げるなど、中継ぎ左腕として活躍した大原は今季まだ登板機会がない。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20171002/den17100205000001-n1.html


続きを読む