De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2ちゃんねる(2ch,sc)・なんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 下園辰哉

このエントリーをはてなブックマークに追加
s-sato2016063010miyazaki-ogp_0

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)14:44:31
DeNA宮崎敏郎が自ら語る、熱い野球愛と「言葉にできない打撃術」

 そして、一気に開花したバッティングであるが、宮崎の代名詞になりつつあるセンターから右方向への打球は、代打のスペシャリストである下園辰哉のアドバイスが大きかったという。

 「僕はバッティングに対するメンタル面や考え方についていろんな人に聞くんですけど、昨年、下園さんから『右方向に打った方が率は残せるんじゃないか』って言われて少し意識するようになったんです。すると打球も上がるようになり、率も上がりました」


 また特筆すべきは、その三振数の少なさである。規定打席に到達した打率上位の選手は、軒並み40~50個以上の三振を喫しているが、宮崎はわずか20個にすぎない(6月26日現在)。

 「低めの落ちるボールや曲がるボールを振らなくなった感じはありますね。最近は意識せずとも勝手に体が止まるんですよ。そこが三振の少なさにつながっているんじゃないですかね。
配球を読むタイプか? うーん、タイミングが合えば全部行く感じですね。もちろんボールを絞るときもありますが、感覚的な部分に頼るタイプなので、絞ると逆に力が入って自分のスイングができなくなってしまうんです」

 筒香嘉智もバッティングに関し、自分の内側にある”言葉では表現しきれない感覚”を大事にしていると言っていたが、宮崎の非凡さもまた同様の部分にありそうだ。

 6月15日のロッテ戦で、宮崎は逆転の満塁ホームランを放っているが、ストレートとフォークで追い込まれながら、最後はゆるく縦に割れる難しいカーブを仕留めている。

「あのときも勝手に体が止まってからスイングした感じなんです。意識よりも体が合わせようと思って止まるんじゃないですかね」

 試合後のぶら下がり取材で、宮崎はバッティングに関し記者から尋ねられると「たまたまです」と答えることが多いが、本人からすれば、そう言わざるを得ないのだという。

「本当は伝えたいんですけど、あまりにも感覚的な部分なので、どう伝えていいかわからないんですよ」

 データ上、宮崎は対戦ピッチャーの左右はもちろんのこと、2ストライクに追い込まれようがコンスタントにヒットを放っており、苦手というものが見つからない。現在セ・リーグで、最も崩しづらい打者だと言えるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00010001-sportiva-base&p=3

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
C_1zHxwUMAEf5pJ



272: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)14:03:58
羨ましいンゴねえ






続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
c830f1fc

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/12(金)05:48:58
 ―現状で右の代打の切り札は、誰になりますか。
 「先発で出ていないときは、田中浩康が1番手になります。嶺井も候補になると思える選手。左投手のときだけ使う。右(投手)のときは他の選手を使おうと思います」

 (続けて)
 「右(投手が相手)の代打の1番手となると難しい。今はいないですけど、誰が一番いいかというと下園かなと思います。彼は右左関係なく打つ。後藤もピンチヒッターで野球選手をやっている。下園と後藤はリーグ有数の代打だと思います。今、上げるタイミングを考えてます。タイミングがあれば使いたい。今、1軍にいる選手で代打に慣れている選手があまりいないので」

 ―後藤、下園について2軍からどんな報告を受けてますか。
 「2軍から報告を受けてまして、調子がいい、準備ができているのは分かっています。ただ2人は、(試合で使う場合)塁に出たら代走、守備に就くときも違う選手を使わないといけない。(他に)2人の選手が必要になる。後藤と下園の2人を一緒に上げるとなかなか、他の選手との兼ね合いで難しい。今ベストなタイミングを考えてます」

http://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4029479

続きを読む









このページのトップヘ