De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 下園辰哉

このエントリーをはてなブックマークに追加
DORi_oPVAAINOog

82: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)01:04:27 ID:Jh8
池田元社長 小杉・ゾノと食事する



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
G20120830004009750_view

1: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:34:27.30 ID:E3Z/RDzO0
ラミ監督が開花させた“キヨシイズム” 長期低迷の選手らに訴え続けた「絶対に諦めない」こと

 ベイスターズひと筋11年、今季限りで現役引退を表明した下園辰哉外野手(32)は、長期低迷が続いていたチームがアレックス・ラミレス監督(43)の下で2年連続Aクラス入りを果たし、CSで結果を出せたのも、一昨年まで指揮を執り辞任した中畑清前監督(63)が、種をまき育てたからこそと力説する。

 昨年ラミレス監督が就任してから結果が出るようになりました。しかし、いまのレギュラーのほとんどは、在任4年(2012-15年)で最下位、5位、5位、最下位に終わった中畑前監督が、我慢しながら試合で使い経験を積ませて育てた選手たちです。

 15年に筒香を23歳の若さで主将に指名しチームを引っ張る自覚を促したのも、桑原や梶谷をスタメンで起用し続けたのも、ルーキーだった山崎康を守護神に抜擢したのも、中畑さんでした。最初は失敗することもありましたが、苦労してまいた種が、いま花開いているのだと思います。

 「絶対に諦めるな」

 長期低迷していた僕たちに、中畑さんは就任当初から口を酸っぱくして訴え続けました。

 一方で、中畑さんという方は、肩書こそ監督だけれど、偉ぶった態度を一切見せない、良い意味で「監督らしからぬ監督」(僕の口から言うと失礼ですが、ご自分でもそうおっしゃっていました)でした。

 たとえば、試合後に球場の風呂場で監督と偶然2人きりになってしまうと、普通は気まずいじゃないですか。でも、中畑さんの方から世間話をしてくれたりして、居心地がよかったのを覚えています。
 
 僕に対しては「代打」という役割をはっきり伝えてくださって、非常にやりやすかったです。

 いまの時代に合った指揮官といえると思います。僕がプロ入りした頃と違い、最近の若い選手は3つや4つの年の差は意に介さず、先輩にも友達感覚で接しますから、監督も選手との距離感が近いタイプの方がやりやすいと思います。

 気さくで選手との距離が近いという点では、ラミレス監督も同じ。逆に2人の違いはというと、中畑さんが“勢い”を大事にされていたのに対し、ラミレス監督は常に先を見据えた“戦略家”という印象です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000017-ykf-spo

3: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:34:50.34 ID:E3Z/RDzO0
中畑再評価されるべきちゃうんか

37: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:39:14.31 ID:tq66rg9B0
中畑さん最終年も前半首位だったんだよな 
そろそろ芽は出ていた

13: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:36:50.40 ID:J5AsW0jn0
はぇ~中畑裏では実は厳しかったんじゃねって思ってたけどほんまに優しいおじちゃんやったんやな

76: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:41:57.03 ID:KivMyDgga
これは確かにそうやろ

77: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:42:03.39 ID:0UyCu1lJM
畑に種まくどころかアスファルト引っぺがして地ならしして畑を作って耕したレベルやし

41: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 17:39:36.09 ID:ZS/Et6/Ed
引退したからこそ言える事やな 
まあ選手がこう思ってたってことはやっぱり中畑は良い監督だったんだわ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
187: 名無しさん@おーぷん 2017/10/11(水)15:06:55 ID:KBD
 
小杉下園のコメントが公式に来てる


下園辰哉選手 現役引退のお知らせ

 横浜DeNAベイスターズに所属する下園辰哉選手(外野手 背番号50)が、2017年シーズン限りでの現役引退を決め、当球団も承諾いたしましたのでお知らせいたします。


下園辰哉選手コメント

 まずはファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。11年間お世話になった横浜DeNAベイスターズで選手生活を終わりたかった。それが現役引退を決めた一番の理由です。 代打で試合に出場する場面、自分の名前がアナウンスされた後、横浜スタジアムのスタンドから聞こえてくる大歓声を忘れることはありません。何度も背中を押していただき、何度も支えられ、そして何度も助けてもらいました。11年間、本当にありがとうございました。

171011_04_01
http://www.baystars.co.jp/news/2017/10/1011_04.php
小杉陽太選手 現役引退のお知らせ

 横浜DeNAベイスターズに所属する小杉陽太選手(投手 背番号54)が、2017年シーズン限りでの現役引退を決め、当球団も承諾いたしましたのでお知らせいたします。

小杉陽太選手 コメント
 
 今シーズン、自分が思い描くパフォーマンスが出せずにいました。木塚コーチから以前、『練習に対する準備が大事だぞ』と言われ、これまでは早めに球場に入り準備をしていましたが、今シーズンの途中から気持ちの部分で戦えない感覚があり、その準備を続けることができなくなっていました。今は現役引退という決断に対し、スッキリした気持ちです。 小学校6年生のとき、初めてプロ野球の試合を観戦しましたが、その試合が横浜スタジアムで三浦大輔さんが登板したベイスターズの試合でした。それからベイスターズファンになり、憧れの存在になった三浦さんの引退試合にチームメイトとしてグラウンドにいられたことは一番の思い出です。 これまで多くの方に応援していただき、ありがとうございました。ファンの皆さんのおかげで、9年間プレーすることができました。また、どこかでお会いできること楽しみにしています!

171011_05_01
http://www.baystars.co.jp/news/2017/10/1011_05.php

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
Cx5yZb3UsAA2kM1

1: 風吹けば名無し 2017/10/11(水) 03:32:52.93 ID:TbFwbBgiF
【DeNA】元選手会長・下園が現役引退決断 11年間のプロ生活に区切り

 DeNA・下園辰哉外野手(32)が、今季限りでの現役引退を決断したことが10日、分かった。球団の来季構想から外れ、現役続行を含めて進路を模索。「大好きなベイスターズで(現役を)終えるのが、自分にとって一番だと思いました」と11年間のプロ野球生活に区切りをつけた。


 プロ4年目の10年にレギュラーとして131試合に出場し、打率2割8分6厘の成績を残した。選球眼の良さを買われ、ここ数年は代打の切り札として活躍。昨季の代打起用は両リーグ最多の61回を数え、代打での11打点はリーグトップタイと欠かせない存在だった。ところが、今季の出場は8試合。世代交代の波にも逆らうことができなかった。

 一番の思い出は、昨年10月10日の巨人とのCS第1S第3戦(東京D)。最終S進出を決めた大一番を振り返り「ビジターなのに本拠地のような雰囲気だった。あの大歓声は忘れられません」とファンに感謝の言葉を添えた。チームの低迷期から支え、選手会長も務めた好漢。今後は球団に残らず「新しいことにチャレンジしたいですね」と再出発へ目を輝かせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000215-sph-base

続きを読む









このページのトップヘ