De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2ちゃんねる(2ch,sc)・なんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 嶺井博希

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【GIF】嶺井
新規
【動画】嶺井


538: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 14:44:30.09
ファッ!?

541: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 14:44:37.09
やるやん

542: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 14:44:38.23
ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwww

543: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 14:44:40.15
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

544: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 14:44:40.26
いったあああああああああああああああああああああああああ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
新規



885: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:40:45.15
ホームランきたああああああああああああああ
あああああああ

895: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:40:48.10
きたああああああああああああああああああ

899: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:40:49.25
いきましたー

904: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:40:53.52
ヒェ~

906: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 19:40:54.22
完璧やん


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_photo_150908_02


1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/19(土)22:44:31
daldena-20161119-0107-000-p-0

 ―嶺井、三嶋がMVPでした。
 「三嶋は最初の1、2クールをアグレッシブにやってくれた。直球もキレていたし、技術的にも向上した。コーチに異論はなかった。ローテーションを争うピッチャー。このMVPをモチベーションにして勝ちとってもらえれば」

 (続けて)
 「嶺井はいろいろ目標を持って奄美にきた。体重を減らすという大きな目標を達成した。スローイングもよくなったし、バッティングにもキレがあった。来季は最初から1軍でやってくれると思う」

 ―正捕手争いという形になりますか。
 「昨季は嶺井がレギュラーだった。今季は春季キャンプ、オープン戦で結果を残せず、2軍に回った。2軍でしっかりとやったことで、シーズン後半に上がって活躍した。1軍でやるためにはどうするか。いいモチベーションを沖縄に持っていってほしい」

 (続けて)
 「戸柱がメーンのキャッチャーになると思うが、嶺井にもしっかり残ってもらって、1軍にステイしてもらいたい。嶺井はバッティングがいいし、特に左投手に強い。チームに貢献してくれると思っている」

 ―戸柱もダイエットに成功していますが。

 「私が知る限り、嶺井の方が体重を落としている。他のコーチには戸柱をMVPに押す人もいたけど、結果的に、民主主義で嶺井になった」

 ―捕手2人のダイエットによるメリットは。
 「適正体重でキープすることが重要。特にピッチャーに大きく影響を与える。低めに投げてパスボールやワイルドピッチになったら、真ん中に投げるようになる。そうなると打たれるからね」

http://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=3840001

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/15(火)10:16:21
試合に出なくても貢献できる…鶴岡一成が重宝された理由

25b91e21


 プロ野球選手が引退後、セカンドキャリアで球界に携わる仕事に就く割合は一握り。阪神でプロ21年間の現役生活に別れを告げた鶴岡一成は、来年のことが決まっていない。「野球に育ててもらったし、恩返ししたい気持ちがある。ただそれができる人もいれば、できない人もいる。まあ、ゆっくり考えるよ」。

 横浜(現DeNA)―巨人―DeNA―阪神とセ・リーグの3球団を渡り歩いた。08年途中に横浜から巨人にトレードされ、11年オフに巨人からDeNAにFA移籍。13年オフ、FA移籍してきた久保康の人的補償で阪神に移籍した。「こんな野球人生珍しいやろ」と苦笑いする。絶対的な正捕手だった期間は短い。だから移籍を繰り返したともいえる。だが、有事に備えた「2番手捕手」でこれほど頼もしい存在はいない。巨人、阪神に在籍時は日本シリーズで先発マスクをかぶった。

 横浜で谷繁、巨人で阿部という大黒柱がいた。出番が限られる鶴岡は、「自分はこの1試合で終わるかもしれない」と常に危機感を持っていた。ベンチで配球を研究し、投手のわずかな変化も見逃さない。今季限りで現役引退した元DeNAの三浦は10年近く共にプレー。一塁ベンチから投球フォームを観察すると、状態が悪い時は左足を上げた立ち姿で右の臀部(でんぶ)が数十センチ一塁側に傾いていたことに気づいた。「ケツが倒れているから直してください」と助言。試合に出なくても、チームのためにできることはある。重宝される理由があった。

 投手の能力を最大限に引き出すため、接し方にも神経を使う。向こうっ気が強いDeNA・井納、三嶋は意識的に怒ることで修正点を気づかせた。並外れた練習量で、マウンドでの修正能力が高い巨人・内海には、余計な言葉を掛けなかった。阪神では藤浪とバッテリーを組むことが多く、通算で19勝6敗、勝率・760。だが、自身のリードを称えられることを否定した。「あれぐらいの投手は誰が捕手でも勝てる。本人には言ったけど、制球を気にしてまとまろうとしていた。インステップで右打者が怖がるのがいいところ。球が暴れてこその藤浪晋太郎だよ」。

 捕手への思い入れは誰よりも強い。昨年の阪神―DeNA戦(甲子園)。暴投が決勝点になり、阪神が勝った。試合後の会食で、鶴岡は相手捕手の嶺井を気に掛けていた。「あの子、ええキャッチャーになれると思うんよ。負けて自分のミスだと背負ってないかな…。電話番号知ってる?」。面識はないが、球団の垣根を越えて良い捕手に育ってほしいという強い思いだった。嶺井は後日、「鶴岡さんが僕のことを気に掛けてくれて。びっくりしました」と感激の面持ちだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000095-spnannex-base

続きを読む









このページのトップヘ