De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 嶺井博希

このエントリーをはてなブックマークに追加
31037164_1664470556924006_4130775725680623616_o

1: 風吹けば名無し 2018/04/20(金) 01:33:50.80 ID:nukDtjq00
ラミレスが語録でべた褒め
ベテランのような素晴らしい投球だった

 ―嶺井がリード面でも投手陣を引っ張っている。 
 「非常によくやってくれている。与えられた機会で、結果を残していると思う。 
これは先発投手、リリーフ投手も含めてみんなに言っているが、1度ポジションが与えられたら、自分のものにして必ず離すなということ。それが、いい形に表れていると思う」 

 (続けて) 
 「僕が監督就任1年目の時、嶺井を見た印象としては配球が良く、捕手としてのIQが高いと思っていた。ただ、出場した時の投手の防御率が良くなかったため、チャンスを失って、僕の1年目では2軍で過ごすことが多かった。そこから彼は努力を重ねて、今ここまできている。本当によくやっていると思う」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4635173
 ついでに高木豊もべた褒め

 




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:23:07.56 ID:oQFsU4y10
レギュラーシーズンも2人でいこうと思っている

daldena-20180320-0130-001-p-0

 ―今日から捕手は2人体制になる。

 「レギュラーシーズンも2人でいこうと思っている。データとか投手との相性を加味して嶺井と戸柱を使い分けていく。佐野を緊急時用の捕手として。主に代打要員だが、何かあったときには捕手としていくことになる」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4602243(スマホ限定)

3: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:24:06.84 ID:w7EN8NUP0
まじで捕手二人制か

6: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:25:05.78 ID:eMBGnAP10
もう一人おった気がするが…

13: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:26:29.89 ID:oQFsU4y10
>>6 
高城ならとっくに二軍落ちたぞ

22: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:28:27.06 ID:9+f7rHtxa
高城応援してたんだけどな… 

打てないしミスも多いからしゃあねえか

10: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:26:04.01 ID:xOwew2ty0
高城はやっと育成モードに入るんや 

嶺井がやらかしたらすぐ上がってきそうやが

24: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 23:28:39.90 ID:xM9h18Lk0
まあコリジョンあるからぶっちゃけ3人もいらないんだよな捕手 
2人で正解だとおもうわ 
その分中継ぎ増やせるし

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-03-11 13-18-31-997

253: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)19:12:34 ID:FqQ
【DeNA】ドラ1東、開幕ローテ入りアピール 初先発で4回2死まで1安打無失点

◆オープン戦 日本ハム1―1DeNA(11日・鎌ケ谷)

 DeNAのドラフト1位・東克樹投手(22)がオープン戦初先発。4回2死まで1安打無失点の好投で、開幕ローテーション入りをアピールした。

 許した安打は初回の先頭打者・西川の遊撃内野安打だけ。MAX146キロの威力ある直球に、「きょうは低めに投げられた」というチェンジアップ、スライダーを交え、打者に的を絞らせなかった。

 反省点は2回までに47球を要した制球面。「課題だったまっすぐのコントロールが悪くて球数が増えた」と、当初予定していた「90球で5回」の直前で88球に達して交代となったことを悔やんだ。それでも、2回終了時に捕手の嶺井から「体重が前の足に乗り切っていない」と指摘されたことで、3回以降は制球が安定。「試合の中で修正できたのは収穫です」と納得の表情だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000168-sph-base
 嶺井ええやんけ



続きを読む









このページのトップヘ