De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 内藤 雄太

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 20:45:17.53 ID:lxhM/LKop
巨人村田修一コーチら野球教室「なめんなよ」で爆笑



 巨人の村田修一2軍打撃コーチ(37)らが2日、神奈川・座間市で市内中学6校の野球部員たちに野球教室を行った。

 村田以外にも巨人杉内俊哉2軍投手コーチ(38)、日本ハム実松一成捕手(37)、巨人を引退した脇谷亮太氏(37)、元DeNAの内藤雄太氏(35)が講師にそろう豪華さに、中学生たちも積極的に質問をしていた。

 実戦練習では、引退間もない村田コーチが強烈な存在感を見せた。三塁守備ではバントをジャンピングスローで阻止し、三本間の挟殺プレーにも成功。走塁でも二塁から左前安打で一挙生還すると「レフト、なめんなよ! まだ走れるんだぞ!」と大声で叫び、会場の座間市民球場は大爆笑に包まれた。

 打席では、杉内コーチから投球時のステップをアドバイスされたばかりの180センチ左腕、中本裕投手(座間・相模中2年)と“名勝負”を演じた。空振り後、4連続ファウル。最後は見事に安打に仕留めるも「いいボール投げてたよ」と感心していた。最終回は「高校時代はエースだったんだぞ!」と叫びながらマウンドへ。スライダーの暴投で1点を失うも、最終回に自身のサヨナラ打で勝利した。

「野球はやっぱり楽しくなくっちゃね。ぼくらも久しぶりの野球で楽しかったです」。現役時代さながらの華のある野球で沸かせ、中学生たちを興奮させていた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812020000471.html

4: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 20:47:21.88 ID:mwct71STa
楽しそう

8: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 20:49:22.73 ID:WBMnHRx/d
まぁ動けるよね

20: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 20:52:07.17 ID:wXSMMpp10
杉内村田とかマジでクッソ豪華やんけ

26: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 20:52:59.56 ID:YxlOp24V0
内藤懐かしいな

30: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 20:54:05.92 ID:a2RYPAjr0
ナイトゥー!

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 04:28:29.51
2013年に退団した元横浜DeNAベイスターズ選手、内藤雄太さんのセカンドキャリアとは?

 内藤さんはブランクを空けず、すぐに就職準備をしたという。元プロ野球選手を求めている企業の中から、スポーツ用品店を展開するスポーツオーソリティ(株式会社メガスポーツ)に就職。

 そのころから現勤務先のカシマヤ製作所が、バッティンググローブなどを扱うアメリカのフランクリン社の日本総代理店となった。

 社長の西上茂(にしがみ・しげる)さんから、スポーツオーソリティを通して日本でフランクリン社の革手袋を使ってくれそうな選手を紹介してくれないかと打診されたのだった。

 内藤さんはある選手を思いついた。アメリカで自主トレ経験がありフランクリンに馴染みがありそうな筒香嘉智(つつごう・よしとも)選手と石川雄洋(いしかわ・たけひろ)選手に連絡した。すると快く応じてくれたという。

 他社とアドバイザリー契約のない石川選手と話がまとまり、石川選手はメジャーリーグでも十数人しか対応していないカスタムオーダーで現在も愛用している。

02_R
http://hamarepo.com/story.php?page_no=2&story_id=6354

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
no title


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/05(木)17:01:13
初安打は佐伯のバットで打った

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/05(木)17:02:46
お、ナイトゥー!

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/05(木)17:31:17
 この記事ほんとすこ


 
内川 古巣への愛着「お!ナイトゥー!」

パ・リーグ ソフトバンク5-3オリックス
(4月14日 京セラドーム)
 ソフトバンク・内川が猛打賞。新天地でチームを今季初勝利に導いた。

 オフに横浜からFA移籍。求めたのは「勝利の味」だった。在籍した10年間では3位が2度あっただけで、最下位は実に7度。「(試合後の)ハイタッチの喜びが薄れてしまった…」。

 1勝、1敗の重みをより感じて野球がしたい。深く思い悩んだ末に、昨季のリーグ優勝チームへの移籍を決断した。それでも古巣への愛着は変わらない。12日の開幕戦。横浜が内藤のサヨナラ打で中日に勝利したと聞くと「お!ナイトゥー!」と大喜びした。

 「これからも大事な場面で打ちたい」。これから何度も繰り返すであろうハイタッチ。その先に連覇が待っている、と内川は信じている。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/15/kiji/K20110415000633050.html

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/05(木)17:03:21
西武秋山の出身校創学館の前進の横浜商工出身

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/05(木)17:05:15
スポーツオーソリティで働いている
no title

続きを読む