De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズOB・元関係者 > 菊地和正

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/01/17(木)09:08:38 ID:oub
養豚家となった元プロ野球投手、培った「根気強さ」で続ける挑戦
 
養豚家となった元プロ野球投手、培った「根気強さ」で続ける挑戦

 もう何年前だろうか。自宅に宅急便が届いた。箱を空けてみると、柔らかくて、脂に甘みがある特上の豚肉が詰め込まれていた。2012年、日本ハムからDeNAに移籍することになった菊地和正氏からだった。

 豚肉のお礼の電話をすると、「母の実家が養豚場なので…。おいしいんですよ」と教えてくれた。記者とは11歳違うが、学生時代に同じ関甲新リーグでプレーしたこともあって、個人的に慕ってくれた。

 14年までDeNAでプレーし、15年はBCリーグ群馬で独立リーグのマウンドにも上がった。NPBでちょうど10年プレー、09年には日本ハムで21ホールドをマークし、リーグ優勝に貢献。DeNAの12年には63試合に登板し、セ・リーグ歴代4位タイとなる30試合連続無失点も記録した。

 現役引退後、全国制覇の経験がある母校・上武大や桐生第一でコーチとして野球を教えているのは知っていたが、新たな仕事にも挑戦するとの報告だった。

 それが養豚だった。「お中元やお歳暮で豚肉を送ると、みんなからおいしいと言ってもらえた。それならば、自分で現場に入ってきちんと勉強して、商品化できたらと思ったんです」。群馬県高崎市の山間にある「石曽根養豚」、叔父の石曽根勝五郎氏が経営する農場が新たな仕事場だ。

 現在は養豚家としての修業を始めたばかり。菊地氏のユニホームは、つなぎの作業着に替わった「豚たちに餌をやることから、掃除、出荷の手伝いまでやっています。豚の種類や血統も勉強しているんですよ」と忙しい毎日を送っている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000065-spnannex-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加



1:風吹けば名無し@\(^o^)/2015/11/12(木) 06:31:02.87 
 今季BCリーグ・群馬でコーチを兼任した菊地和正投手(33)が現役を引退することが11日、分かった。

 04年ドラフト6巡目で上武大から日本ハムに入団。09年には中継ぎで58試合に登板し、リーグ優勝に貢献。DeNAに移籍した12年も63試合に登板してセットアッパーとして活躍した。
NPB通算成績は177試合で9勝7敗1セーブ、防御率3・54。昨オフ、DeNAを戦力外となり、同年10月に右肩手術を受けて再起を図ったが、150キロ超の剛速球は戻らず、10日の12球団合同トライアウトを受けて区切りをつけた。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/12/kiji/K20151112011492830.html




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 投稿日:2015/02/20(金) 10:19:49.96 ID:a4DOugmY0
img

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスに、NPB(日本野球機構)の日本ハムなどで中継ぎとして活躍した右腕、菊地和正(32)=樹徳高、上武大出身=が、選手兼投手コーチとして入団することが19日分かった。昨年、DeNAを自由契約となっており、NPB復帰を目指して地元の独立リーグで再出発する。

http://www.jomo-news.co.jp/ns/5514243613237176/news.html


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
11043663346_a06382891e_h


1: 風吹けば名無し 2015/02/09(月) 12:16:20.55 ID:kF11ydpa0
ハム入団テスト 菊地和正は不合格

 日本ハムは9日、沖縄・名護キャンプで入団テストを実施していた前DeNA菊地和正投手(32)に不合格を通達したと発表した。


 第2クール初日の6日から参加。7日とこの日の2度、ブルペン投球を行っていた。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20150209-1432372.html
【日本ハム】前DeNA・菊地、入団テスト不合格

 日本ハムは9日、沖縄・名護キャンプで入団テストしていた前DeNA・菊地和正投手(32)の不合格を発表した。菊地は7、9日とブルペン投球。


 この日はカーブなどを交え75球を投げた。05年から11年まで日本ハムに所属していた中継ぎ右腕について、球団幹部は「いい物を見せてもらったが、1軍の戦力として出来るかを考えた。現有戦力と比較した上で」と話した。

 菊地は12年に63試合登板した中継ぎ右腕も、昨季は2試合登板。昨年10月に右肩の骨棘(こっきょく)を削るクリーニング手術を受けていた。球団幹部によると、リハビリ中で、現役続行の意向だという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000139-sph-base



続きを読む