De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

カテゴリ:横浜DeNAベイスターズ > 国吉佑樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題


1: 風吹けば名無し 21/01/12(火)16:20:56 ID:LPR


 昨季42試合に登板したDeNAの国吉佑樹投手(29)が「新庄流」の股関節トレーニングで進化を目指す。昨年末、12球団合同トライアウト前に新庄剛志さん(48)が通った福井県の整骨院で合宿したことを明かし、手応えを口にした。



 国吉が公開した動画にはサンドバッグを蹴る様子が映っていた。格闘技転向ではない。「可動域が広がってしなやかに使えるように野球のトレーニングの一環です。腰痛にもいいので、体の不調もなくなってきました」と効果を強調した。

 昨年12月、熊本・秀岳館高の後輩に紹介してもらって向かったのは福井県大野市の「山内整骨院」。「新庄さんがトライアウトを受ける前に行っていたんです」。NPB復帰を目指した48歳がトレーニングを積んだ場所でもあった。

 新庄さんの関節の軟らかさを聞き、トライアウトで放った1安打の裏に猛練習があったことも知った。山内整骨院ではレンジャーズ移籍が決まった有原が早大時代に合宿したことも。新旧大リーガーの虎の穴を足掛かりに、今季もチームの力になる。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: 風吹けば名無し 20/12/13(日)00:35:08 ID:Ag1

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

小杉「今シーズン国吉選手、ある事件を起こしてしまいました。その事件がSNSでも話題になったのでご覧ください」

2020-12-06 15-03-58-322
2020-12-06 15-03-14-026

国吉「直前にトイレ行っちゃったんですよね。電話がかかってきて急いで準備したんで閉め忘れちゃった」


391: 風吹けば名無し 20/12/06(日)12:14:06 ID:we.bp.L2
チャック事件か

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
92

1: 風吹けば名無し 2020/12/04(金) 16:56:08.00 ID:5Bh6DGP9a


 DeNA・国吉佑樹投手(29)が4日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、30%増の年俸5700万円でサインした。 

 「年俸も上がって責任感も増える。来年は12年目になるし、よりしっかりしないといけない。若い子のお手本になるような投球をしないといけないと思います」 

 シーズンを通して中継ぎとしてフル稼働。42試合に登板し、3勝4敗、10ホールド、防御率3・13。来年は「開幕前からタイトル(最優秀中継ぎ投手)を狙うくらいの気持ちでやりたい」と、意気込みを語った。 

 これまでオフはベテラン、藤岡のもとで「チーム藤岡」として浜口、平良、飯塚と自主トレをしていたが、藤岡が今季限りで現役を引退し、チームの2軍投手コーチに就任する。国吉は「(チームは)解散にはなりますけど、別の形で何か残したいと思っているので、何か企画したいと思います。何も話をしていないので僕が勝手に考えているんですけど」と笑った。 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 20/12/01(火)15:57:26 ID:9xn
 

 京山はウエートトレーニングなどで昨季と比べて平均球速が3キロ上がったという。質が高いことが前提で、球は速ければ速いほど打者にとって脅威となる。若手のトレーニングを指導するDeNAの木戸ATは京山、中川、阪口、宮城の球速がアップしてきているとし、「国吉もあれだけウエートをして、球速が上がっている。うちのいい文化となっていけば」とウエートの重要性がチームに浸透していくことを期待した。 

 今季も中継ぎとして42試合に登板し、チームを支えた国吉はウエートトレーニングに高い意識を持って取り組み、昨年4月には自己最速を更新する161キロをマークした。 

 投手はウエートをしない方がいいという考えは昔からあるものの、木戸ATは「ピッチャーがウエートしない方がいいと考えたことはないです。ウエートで出力が上がることで、ケガのリスクは高まるかもしれないですが、ウェルネスなどそこにプラスアルファすることで防止することができる」と考えを示した。

 ウェルネスとは、「睡眠がどれだけ取れているか。今日の体の張りはどうか。ピッチングをした後、体の反応はどうか。そういったものを見て、重量の調整をする」ことを指し、やみくもに鍛えさすのではなく、常に故障のリスクに気を配りトレーニングメニューを組んでいる。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加