EoUlFbOW8AMDz0i

1: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:14:21 ID:ZtH




 元DeNAで韓国プロ野球SKでプレーするジェイミー・ロマック内野手がカナダ野球殿堂博物館の「2020年ティップ・オニール賞」を受賞した。カナダメディア「スポーツネット」が伝えている。 

 オニール賞は大リーグ、日本のプロ野球などリーグに関係なく、優れた個人成績でチームに貢献したカナダ出身選手に贈られる賞。ロマックは今季139試合出場し、打率.282、32本塁打をマークした。スポーツネットは「この35歳はまた85得点、32二塁打、91四球、長打率.546、OPS.945を記録。すべての数字が今年他のカナダ出身野球選手を上回った」と活躍を伝えた。

4: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:15:40 ID:au1
NPBのネタ外人ロマックとKBOの神外人ロメクは別人

9: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:17:37 ID:ZL1
カナダは打のロマック 投のマシソンが代表格か

10: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:18:05 ID:GS3
ワイこいつのヒット生で見たわ
公式戦で

20: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:24:24 ID:9lU
ロマック連れてきたスカウトクビにしてから
ソトとかオースティンとか来るようになったから
あいつが元凶だったといえる

24: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:26:28 ID:o1m
>>20
イエーツだった気がする

26: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:28:11 ID:ZL1
>>24
イエーツはロマックを横浜と韓国に2回売り込んだんやな

16: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:21:53 ID:ZL1


ティップ・オニール賞(Tip O'Neill Award)は、カナダ野球殿堂によって「質の高い試合を目指し、卓越した成績とチームへの貢献を残したと判断される」カナダ人のプロ野球選手に与えられる賞であり、1984年に制定された[1]。


主な歴代受賞者
ラリー・ウォーカー(MLB通算2160安打、MVP1回首位打者3回本塁打王1回、2020年MLB殿堂入り)

エリック・ガニエ(2003年ナ・リーグサイ・ヤング賞、2003,2004年最優秀救援投手)

ライアン・デンプスター(MLB通算132勝87セーブ、二桁勝利8回)

ジャスティン・モーノー(首位打者1回、MLB通算1603安打247本塁打、ツインズ球団殿堂入り)

ジェイソン・ベイ(2004年新人王、MLB通算1200安打222本塁打)

ジョーイ・ボット(MVP1回、最高出塁率7回、MLB通算打率.309、出塁率.419、OPS.917)

ジェイミー・ロマック→コレ

21: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:24:54 ID:arE
>>16
すげぇ
ラリーウォーカーとガニエと肩を並べたのかロマックは

29: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:35:58 ID:FSp
モンドセレクション金賞みたいなもんや

32: 風吹けば名無し 20/12/04(金)15:39:10 ID:H74
さすが横浜が生んだ和製大砲ロマックや
がんばっとるな