(2)


1: 風吹けば名無し 2019/02/24(日) 20:52:12.43 ID:S9hRMWRAd
ラミレス監督「10勝以上」151キロ今永を絶賛
<オープン戦:DeNA4-4広島>◇24日◇沖縄・アトムホームスタジアム宜野湾

 DeNAは先発候補の2人が明暗を分けた。

 広島とのオープン戦に先発した石田健大投手は4回6安打2失点。「探りながら、やっているところがある」と課題を口にした。

 2番手の今永昇太投手は同じく4イニングを投げ、3安打1失点。最速は151キロをマークした。

 もったいない投球を続けると勝ち星を増やせない。頭が突っ込む癖を直さないといけない」と反省点を挙げたが、 ラミレス監督は高評価。「今永はこの3年間で一番いい状態。球のスピンがいい。間違いなく10勝以上する」と絶賛した。 

2: 風吹けば名無し 2019/02/24(日) 20:52:53.64 ID:cdWXYfEY0
これマジ?

3: 風吹けば名無し 2019/02/24(日) 20:53:07.86 ID:mSFszayL0
ポジの親玉

6: 風吹けば名無し 2019/02/24(日) 20:53:44.82 ID:wGUcz9K/0
ポジレス

5: 風吹けば名無し 2019/02/24(日) 20:53:43.99 ID:lYlZ8y1B0
語録でめちゃくちゃ絶賛してたで
無言でプレッシャーをかけてくる
 「今永に関してはここ3年間で一番、いいキャンプを送っているんじゃないかなと思いますね。スピードは151キロ出ていましたし、それを4イニング目まで安定したスピードを出し続けているので、1失点はしましたけどずっといいピッチングをしているなと」

 ―今永が取り組む直球の質についてこの日はどうだったか。
 「球の回転、スピンというところが違うのかなと。それだけスピードが出て、かなり球の回転、スピンという部分も良くなっているので、そうなると打者目線から見ると、『今年の今永は違う』と他のチームも思っていると思います。スピンという部分が良くなったというところが大きく変化したところかなと」

 (続けて)

 「彼のルーキーの年はたぶん、シーズン序盤に奪三振王争いでトップを走っていたと思うんですけど、その時のストレートを見ると球がホップするような形ですごくいいストレートを投げていた。今と比べると、いい時の今永が戻ってきた、もしかしたらそれ以上の直球を投げているんじゃないかなと」

 ―今永に求める数字は。
 「間違いなく10勝以上できるポテンシャルはあると思いますし、今の状態ですとリーグでもベストな部類のピッチャーになってくる。優勝するためには彼が10勝以上してくれないとそれは考えられないので、10勝以上はしてくれるんじゃないかなと思っています」

 ―この時期に151キロ。今年にかける意気込みが伝わってくる。
 「やはり今年は変わらなければ、チェンジしなければという気持ちがすごく伝わりますよね。去年、すごく苦しいシーズンを送って、何とか今年はやらなければいけないという強い気持ちは伝わってきますし、それがこういう結果にもつながってきているのかなと」