1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)19:12:03 ID:FKo
元横浜投手の乙訓・染田部長「幸せ」甲子園初勝利

201803280000453-w500_0

 初出場の乙訓(京都)がおかやま山陽に快勝し甲子園初勝利を挙げた。元横浜(現DeNA)投手の染田賢作部長(35)は「幸せです」と笑顔を見せた。

 同大から04年に自由獲得枠で横浜に入団。しかしプロでは2試合に登板のみの未勝利で08年に自由契約に。その後同大の大学院で教職を取り15年4月に乙訓に赴任した。

 一塁側アルプスは満員の応援団で埋まった。「たくさんの方に来ていただいて力になりました。何よりこの場に立たせてもらって感謝しています。生徒には『あの声援を見たら勝たなあかん』と言いました。見事、期待に応えてくれました」。

 自身も奈良・郡山3年夏の甲子園に出場。0-12で初戦敗退した。プロでも白星は挙げられず、スーツにネクタイ姿だったが部長として、甲子園で初めて勝利を味わった。

 この日は佳世夫人(35)と2人の娘さんも甲子園で応援。「プロを辞めてから家族には迷惑をかけた。あの応援を見て喜んでくれたと思います」と話した。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201803280000453.html

2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)19:18:13 ID:4k5
染田懐かしいな

4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)19:42:45 ID:Y4g
染田教師やってるんやっけ
交換日記で選手とコミュニケーションしてるらしいな
元ベイスターズの乙訓・染田顧問、“交換日誌”でセンバツへアドバイス

20180312-OHT1I50071-L

 センバツ高校野球大会に、創部54年目で初出場の乙訓(おとくに、京都)の注目選手や話題を取り上げる。

 公立の乙訓は春夏通じての初出場を決めた。原動力となったのが、最速142キロ右腕の川畑大地とプロ注目左腕の富山太樹(ともに新3年)。その両輪を支えるのが、投手として横浜(現DeNA)で4年間プレーした染田賢作顧問(35)だ。

 現役引退後は「(3年B組)金八先生好き」がきっかけで教員免許を取得し、15年4月に赴任した。市川靖久監督(35)らと部内の交換日誌にアドバイスを書き、80人の部員をまとめる。

 投手には打者のタイミングを外すために「チェンジアップかフォークを絶対に投げろ」と指導する。「なかなかこういうレベルの投手が(2人も)そろうことはない。富山は伸びしろがすごくある。川畑は『きょうはあかんな』と思う日がほとんどない」と信頼を寄せる。富山は「フォームの欠点を見つけて、アドバイスで劇的に変えてくれる。型にはめず、個人それぞれで教えてくれる」と心酔している。

http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180312-OHT1T50108.html

5: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)19:43:34 ID:OCY
逆指名時代のハズレだった染田?

6: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)19:46:18 ID:LAK
いなだぼーえーだいじんのところでもあるんやで

7: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)20:11:41 ID:dwe
>>6
稲田もスタンドで応援してたらしいぞ
【センバツ】乙訓OGの元防衛相・稲田朋美氏がアルプスで応援 逆転勝ちに「来られて良かった」

 乙訓卒業生で元防衛相の稲田朋美衆院議員(59)が、アルプススタンドから母校に声援を送った。応援団に配られる校名が書かれた白い上着を着て、緑色のメガホンを片手に応援。野球観戦は約20年前に神戸で見たプロ野球のオリックス戦以来だといい、甲子園を訪れるのも高校野球を生で見るのも初めてだという。

 観戦のためにこの日のスケジュールはあらかじめ空けておくなど、後輩たちに負けず準備万全で初戦を迎えたことを明かし「甲子園に出ると聞いて是非来たいと思っていたので、今日は来られて良かったです」と笑顔を浮かべた。

 試合中はメガホンで手拍子をしながら、時折立ち上がるなどして後輩たちの活躍に熱視線を送った。初回に2点を先制されたものの、見事な逆転劇で7―2と快勝。「みんな一体感があってうれしい。校歌も40年ぶりでしたけど歌えるもんですね。来た甲斐がありました」と初出場で健闘した選手らをねぎらった。

http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180328-OHT1T50139.html

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)19:24:53 ID:87T
良かったな

てか公立でよく出れたな凄い