5746fe23


1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:36:41

戸柱→福嶋久

 
桑原は波留、倉本は石井琢、戸柱は……福嶋。

 シーズンを振り返れば、ラミレス監督がシーズン前に指名した投打の柱の2人。山口は自己最多でありチーム最多となる11勝を挙げ、筒香はホームランと打点の2冠王を獲得と期待以上の働きをしてくれた。

 さらに梶谷石川の離脱・不振でプランが崩れかけたセンターラインがセカンド以外、ガッチリと固まった。センターは開幕当初は控えだった桑原将志が、6月20日から最後まで1番センターを死守。得点圏打率リーグ3位、11本塁打のパンチ力に19盗塁。ダイビングキャッチでいくつもの危機を救った球際の強さとガッツ、明るい性格、小柄で浅黒い姿は“ハマの核弾頭”と呼ばれた波留敏夫に瓜二つ。

 ショートは開幕前に「守備だけでしか評価されていないのが悔しいので打ちたいです」と言っていた倉本寿彦が、前年の.208から、一時は3割5分を打つほどの急成長を遂げてほぼ全試合に出場。石井琢朗に憧れ、その背中を追い掛けた背番号5が内野の要になった。

 そしてルーキー捕手の戸柱恭孝は1年間、正捕手の座を守り切った。首脳陣から高く評価されるインサイドワークと、堅実なブロッキングは陰のMVPといってもいい。波留、石井琢朗とくれば……と思ったが、その背番号と復刻した横浜大洋ユニの違和感のなさから、晃子パパ・福嶋久晃の再来か。

http://number.bunshun.jp/articles/-/827197?page=4
「えぇ…」ってならなかったちなDeは古参名乗ってええと思う

ワイは名乗れん



2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:39:58
ワイも言えんわ

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:40:39
秋元やないかな(にわか並感)

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:41:48
>>3
ワイも秋元が思い浮かんだわ

5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:42:50
それ以前に倉本が琢郎は無茶だろ

6: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:43:37
>>5
元記事がそう言ってるんだからしゃーない

7: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:45:24
>>6
桑原と波留のピッタリ感からかなりズレがあるやん…

13: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:58:04
市川(小声)

9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日)19:47:33
ちな福嶋久晃は一軍バッテリーコーチとして初年度の谷繁を指導したこともあるらしい
1年でどこまで影響があったかは分からん