De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/tG6PpGHXZuwvm7SxsT6rTJ07NFs=/0x179:2013x2597/1200x800/filters:focal(877x427:1199x749)/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_image/image/67193734/usa_today_14086434.0.jpg

1: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 11:39:53.74 ID:JDhYLRHw0


 これまでドミニカ共和国のウインターリーグに参加したり、侍ジャパンの一員として国際経験を積んできた。メジャーも球場で生観戦したことはあるが、多くはテレビ中継を通じて得たイメージ。「実際にプレーして違うと感じる部分もありましたし、この感覚は通用しないな、もうちょっと変えないといけないな、と感じる部分もありました」と話す。 

 実際にメジャーの世界に身を置いた今季。何よりも強く感じたのは「日本の野球は細かく、メジャーはパワーが全て」という俗説が、現実とは大きくかけ離れているということだった。特に、筒香が所属するレイズは守備シフトやオープナーなど、新たな挑戦を厭わないチーム。データ化された野球、そして個々の選手が準備に割く時間には驚かされたという。 

「僕はレイズの方がベイスターズより細かい野球をしているように感じましたね。よく『メジャーは雑で力任せ』みたいな表現をされますけど、僕は練習も日本よりすごく丁寧にするなっていう印象があります。もちろん、日本が優れている部分もたくさんありますけど、メジャーが雑っていうイメージはないですね。 

 行く前から守備シフトみたいなことはあると思っていましたけど、それだけじゃない。データの活用方法だったりは、日本より進んでいる部分を感じました。 

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://news.biglobe.ne.jp/sports/1118/3460403652/sph_20201118-OHT1I50182-T.jpg

1: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 15:22:26.06 ID:ytxxwba9d
フェニックスリーグ4勝8敗で最下位争い 

打てないし打たれる 

守備めちゃくちゃ崩壊 

まだ正式就任前だから指揮はしてないけど目の前で見せつけられてる模様

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
ca3b9601-s

1: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 14:34:10.15 ID:fxM8ZhY90


DeNAからドラフト2位指名された中大・牧秀悟内野手が23日、東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7700万円、年俸1300万円で仮契約した。

 19日のドラフト1位・入江に続き、この日もサプライズで三浦新監督が登場。「チームの力になれるように、頑張って下さい」と声を掛けられた牧は「はい」と頭を下げた。

 「監督がいらっしゃると知らなかったので、緊張しました」と終始硬い表情だった牧。目標として色紙に「開幕1軍」としたため「2位といういい順位でとってもらって、結果を出さないといけない。勝ち取っていければ」と気合をみなぎらせた。

 背番号は、今季までロペスが背負っていた「2」に決定。「付けさせてもらった以上、結果が求められる」と自覚をのぞかせた。(金額は推定)
 これで内川や田中獲得は完全になくなったな



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://www.baystars.co.jp/blueprint/2019/issue3/assets/images/gallery/thumb_2.jpg

220: 風吹けば名無し 20/11/23(月)13:22:45 ID:FI.g3.L19





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
paper20111122


1: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 12:11:36.24 ID:72g2/Vskd
優勝してた?


[2011年11月22日9時51分 紙面から]

 新生「横浜DeNAベイスターズ」の新監督の最有力候補に、通算224勝左腕、工藤公康投手(48)が浮上していることが21日、明らかになった。若く、明るい人材を求める新球団にぴったり合致。また、理論的な投球やトレーニングで長く一線で活躍した経験は、成長段階にあるチームにとって適任と判断された。同社の球界参入について審議される今日22日の臨時実行委員会などの状況を見ながら、工藤に就任を要請する見込みだ。

 新生ベイスターズのかじ取り役として、DeNAはフレッシュな人材に白羽の矢を立てた。これまで、守安功社長は監督を人選する際の要素として「経験のある、なしは大きな要件ではありません。若くて(チームを)引っ張っていける人にお願いしたい」などと話していた。

 工藤は指導者経験がないどころか、まだ現役投手。昨オフに西武を退団し、今季はどこにも所属せずトレーニングを続けてきた。現役へのこだわりは強いものの、将来的には指導者を目指す気持ちも持っている。DeNAから就任を要請されれば、指導者への道を歩み始める可能性もある。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加