De速

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2ちゃんねる(2ch,sc)・なんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
623abbb0

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 09:05:33.48
 DeNAが今秋のドラフト候補として、日大三高(西東京)の大型スラッガー、金成麗生(かなり・れお)内野手(3年)を投手としてリストアップしていることが21日、分かった。

高校通算103本塁打を誇る怪物スラッガー、早実(西東京)・清宮幸太郎内野手(3年)のライバル打者だが、最速150キロの大型左腕としての潜在能力を高く評価した。

 “デカプリオ”の愛称で知られる金成は、米国人の父を持ち、193センチ、101キロという超高校級のサイズを誇るプロ注目のスラッガー。今春のセンバツには「4番・一塁」で出場したが、元々は投手。今春の関東大会準々決勝(対霞ケ浦)では、公式戦初先発で今年の高校生左腕で最速となる150キロをマーク。角度のある重い直球に、投手としての評価が急上昇している。

 球団関係者は「あれだけの速球を投げる左投手は、なかなかいない。完成度は低いが、これから経験を積めばもっともっとよくなる。打撃より投球の方に魅力を感じる」と説明。今後の投手としての成長に注視していく方針だ。1位指名の有力候補に挙がっている清宮とともにマークを続けていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000233-sph-base

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mig (1)

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:28:19.49
1中 秋山翔吾
2二 亀沢恭平
3遊 坂本勇人
4右 柳田悠岐
5三 宮崎敏郎
6一 ビシエド
7左 梶谷隆幸
8捕 會澤翼


田中将大-前田健太-マイコラス-石川歩-大野雄大-吉川光夫

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sS0uyM9

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 04:54:48.11
ラミDeNA“下位たたき”ローテ!井納から石田、D1浜口投入も

 DeNAは21日、リーグ戦に向けて全体練習を再開し、アレックス・ラミレス監督(42)が“下位たたき”を宣言した。球宴(7月14、15日)までの17試合について「(上位の)広島、阪神戦より重要なのは巨人、中日、ヤクルトに勝ち切ること。集中してたたいていけばAクラスとBクラスの差が、どんどんついてくる」と方針を明かした。

 23日のヤクルト戦(神宮)を皮切りに、週末のカードで巨人、中日と戦うが「もっと先発が安定しないと。巨人はローテの上3人と当たることも出てくる。(柱が)1人では難しい戦いになる」と強調。週末に井納、石田とエース格をそろえ、チームトップの5勝を挙げるドラフト1位・浜口(神奈川大)を投入する可能性もある。

 “一番やり”となる井納は「カードの頭を取れるように。できるだけ長い回を投げて、最低限の失点でつなげたい」と気を引き締めた。下位相手に勝ち星をがっちり稼ぎ、したたかに上位を狙う。 

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170622/den17062205020001-n1.html
あのゲーム差じゃしょうがないね

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
無題

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/21(水)20:46:43
井納石田濱口

今永久保熊原(飯塚)


こんなもんか?

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/21(水)20:52:00
(*^◯^*)純日本人ローテなんだ!横浜にもこんないいローテがあるんだ!

3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/21(水)20:57:30
石田14日に登録抹消されてるからヤクルト戦の一試合目は無理なんやな
これでいくと井納はちょうど中6日か



無題

4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/21(水)20:59:01
表に固めるすぎ?って思うけどヤクルト3連戦、広島2連戦やからな

今永は広島得意やし裏かなと

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 18:29:59.60
彼が生き残る道はバッティングだけだと思う

daldena-20170621-0094-000-p-0

 ―交流戦好調だった宮崎に期待すること。 

 「宮崎に今後、期待するのは今のような安定した成績をずっと出し続けることが重要になると思います。毎日打つことはできないですけど、トータル的に見て安定した成績を続けてくれれば。交流戦は本当に調子良くて18試合で打率・333、4本塁打、15打点。三振は5個しかしていない。フォアボールが9個。5番で三振5個というのは本当にすごいこと。筒香にとって非常に助けになっていると思います」 

 ―宮崎が、三振少ない理由は。 
 「バッティングのバランスが、非常に良くなったということが一つ言える。彼は逆方向にもうまく打つことができますし、引っ張ることもできる。(軸足を残して打つ)ステイバックがしっかりできている。ということはボールがよく見えているということなので三振はしないのかなと思う。彼自身、バッティングの理解度が上がっている」 

 (続けて)
 「例えば、ボールが外角に来た時はステイバックをして、うまく逆方向に打つことができる。逆方向の時の(打球の)スピンは非常にいいもの。ボールが右中間に行く。無理に引っ張ったりもしない。内角に来た時もしっかり打つことができる。(体を)開かずに打つことができる。非常に良くなっている」 

 (続けて)
 「セ・リーグの中でも宮崎のバットコントロールは1、2を争う素晴らしいものを持っていると思います。ホームランをバンバン打つパワーヒッターではない。外に来たらしっかり流す、内に来たらしっかり引っ張るのがうまい。バランスのいいバッター。なかなかいないタイプの選手」 

 ―宮崎の1年目は、記憶にありますか。 
 「自分が選手の時に見たのは覚えている。周りの人が『この選手いいバッティングするよ』と言っていた。その後、監督になる前に1軍に出るようになってからは見ましたけど、それほどすごいあれ(打撃)ではないなと思いました」 

 (続けて)
 「監督になって、去年から見ると良くなっていました。去年1年見てバットコントロール、バッティングスタイルとしてはもっと良くなるという確信ができました。彼みたいな選手は、レギュラーでスターになるのは(本来は)難しい。体もああいう感じですし。足も遅い。彼が生き残る道はバッティングだけだと思う。他の指導者もレギュラーで使って我慢しようというのはなかなか、難しかったと思う」 
 
 (続けて)
 「去年だと外を開いて打ったり、内を無理やり引っ張ろうとして凡打が多かった。今年に関してはそれがなくなった。そういった理解度も高まった。彼自身も長所、短所を理解してきた。それでバランスが良くなった」 

http://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4077249(スマホ専用)

続きを読む









このページのトップヘ